「韓国のAmazon」からバトルロイヤルゲーム、送金アプリまで!韓国ユニコーン企業5社まとめ

「韓国のAmazon」からバトルロイヤルゲーム、送金アプリまで!韓国ユニコーン企業5社まとめ

2019年01月21日 20:00

今回は、韓国のユニコーン企業についてまとめてみたいと思います。

2017年における韓国の人口は5,147万人と、日本の人口(1.27億人)と比べると半分程度の大きさです。

国内総生産(GDP)についても日本が4.8兆ドルに対して韓国は1.5兆ドルと、3倍ほどの開きがあります。

しかし、未上場のユニコーン企業の数については、韓国の方が日本よりも数が多くなっていいます。

メルカリが上場した今、日本のユニコーンは人工知能ベンチャーの『プリファード・ネットワークス』のみ(名刺アプリの『Sansan』もユニコーン入りしたとの話ですが)。

それに対し、韓国では『Coupang』『Bluehole』『Yello Mobile』『L&P Cosmetic』『Viva Republica』という5社がユニコーン入りしています。

今回はこの5社について、スライドベースでまとめていきたいと思います。


韓国最大のEコマース企業『Coupang』

まず1社目は、ソフトバンクも出資した「韓国のAmazon」こと『Coupang』です。

2018年9月期の売上高は42億ドルで、その2年前と比べて2倍を超える成長をとげています。

この続きを見るには
(2662文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード