フォックスコンに買収されたシャープ、454億円の赤字から347億円の黒字に一転!何があったのか?

今回取り上げるのは、2016年3月に台湾の電子機器メーカー、フォックスコンにより買収されたシャープです。

昨日発表された上期決算を見た限りでは、見事な復活を遂げたように見えます。


売上高は9197億円から1兆1152億円、営業利益は7900万円から405億円に増大。

経常利益と純利益はそれぞれ320億円、454億円のマイナスだったのが、411億円、347億円のプラスに転じています。

この続きを見るには
(1210文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

約4600億円調達!フォックスコン子会社「FII」が上海で過去3年最大のIPO

iPhoneの生産やシャープ買収などで知られる台湾のEMS企業「鴻海(ホンハイ)科技集団(英語名:Foxconn Technology Group」の子会社「Foxconn Industrial Internet Co Ltd(中国名:富士康工業互聯網)」(以下:FII)が6/8に上海証券取引所において新規株式公開を行いました。


シェア/お気に入り
資料をダウンロード