売上の2割超が中華圏!暖冬で国内不調も海外で伸びる「ファーストリテイリング」1Q19決算まとめ

売上の2割超が中華圏!暖冬で国内不調も海外で伸びる「ファーストリテイリング」1Q19決算まとめ

今回は、我らが「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2019年8月期1Q決算についてまとめたいと思います。

まずは全体の業績です。

今四半期の売上収益は6445億円(四捨五入)と、前年同期から4.4%の増収となっています。

ファーストリテイリングは例年、寒くなって高単価の冬着が売れる1Q(9〜11月)が稼ぎどきになるのが特徴。

営業利益ではその傾向がさらに顕著で、4Qで赤字になりつつも1Qに利益額の多くを稼ぎ出す形になっています。

この続きを見るには
(1674文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

時代への逆張りで「デフレ経済の勝者」に!ベーシックカジュアルで成功した「ユニクロ」の歴史

今や日本を代表する企業となった「ユニクロ」。バブル崩壊以降、不況にあえぐ多くのアパレルブランドを尻目に、業界を席巻しました。

現在のユニクロは、「ヒートテック」「ウルトラライトダウン」などの高機能製品が売りです。しかし、かつては安売りの代名詞として語られていたことを覚えている方も多いと思います。

海外の売上が好調!「ファーストリテイリング」2019年8月期2Q決算

海外の売上が好調!「ファーストリテイリング」2019年8月期2Q決算

ユニクロやGUなどのアパレル事業を中心に営む「ファーストリテイリング」(証券コード:9983)が決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード