4年で売上10倍!”空中店舗”で5兆円市場に挑む「フィル・カンパニー」
2019年01月21日 07:00

4年で売上10倍!”空中店舗”で5兆円市場に挑む「フィル・カンパニー」

今回は駐車場の上に空中店舗を建設する「フィル・カンパニー」(証券コード:3267)について取り上げます。

会社HP

自社オフィスを”空中店舗”のモデルルームにして注目を浴びる

創業者の高橋伸彰氏は一橋大学卒業した後オリックスを経て、2005年に駐車場の上に店舗を建設する「フィル・カンパニー」を創業しました。


参考

創業当初は奇抜なアイディアに加え、「コインパーキング収入でも満足している」という理由でなかなか提案を受け入れてもらえなかったそう。

そこで高橋氏は自社オフィスを”空中店舗”として開設し、全面ガラス張りのモデルルームとして開放しました。

目新しい光景が注目を浴びたことで受注を獲得することに成功。

着々と実績を積み重ねていき、2016年11月に東証マザーズ上場を果たしました。

2018年11月期決算説明資料

18/11期の売上は47.4億円、営業利益は6.4億円まで増加しています。


今回のエントリでは、直近4年間売上10倍以上という爆速成長を遂げるフィル・カンパニーのユニークなビジネスに迫っていきたいと思います。


初期テナント誘致保証や投資回収期間5~10年の短さも強み

冒頭の写真からも分かるとおり、フィル・カンパニーは駐車場オーナーから店舗工事を受注することで収益をあげています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 フィル・カンパニー
2018年05月23日 13:32

創業者はゴールドマンサックス出身!保有駐車場の地域ドミナント戦略で100年企業をめざす「パラカ」

自社で保有する駐車場の利益率はおよそ84%
土地の取得に積極投資し、投資キャッシュフローが拡大
コインパーキング市場は約5兆円規模

今回は、コインパーキングの開発・運営を行う「パラカ」についてまとめます。


社長の内藤亨氏は1979年に広島大学を卒業し、野村證券に入社します。

2018年09月05日 12:00

駐車場のシェアリングエコノミー!借り上げ駐車場のサブリースで急成長の「アズーム」が新規上場

借りた駐車場を又貸しする「サブリース」を展開
サブリースの賃料収益が10億円以上に
想定時価総額は42億円

駐車場の検索サイト『CarParking』などを運営する「アズーム」のマザーズ上場が承認されました。

公式HP

2018年10月17日 20:00

爆発的増収!『&AND HOSTEL』自社物件の販売で売上爆増のインターネット企業「and factory」

IoTホステル9店舗を展開
元々のメイン事業だったアプリ事業も売上が1.8倍に
自社物件を取得したのに有形資産は増えず
来期も4Qに売上爆増の見込み

今年上場したばかりのネット企業「and factory」が何やらすごいことになっていたので、決算をまとめたいと思います。

決算説明資料

2018年12月15日 07:00

営業利益率は15%超え!スキー場・テーマパークも運営する「日本駐車場開発」

営業利益率は15%超え!スキー場・テーマパークも運営する「日本駐車場開発」
実家の駐車場からビジネスが始まる
駐車場事業:直営事業の売上が成長(56億円→92.3億円)
スキー事業:グリーンシーズンの売上がスキー事業を牽引(10.9億円→13.6億円)
テーマパーク事業:那須ハイランドパークの入場者数が増加(46.2万→55万人)
売上原価率が改善(57.8%→55.5%)、営業キャッシュフローが増加(12.9億円→29.5億円)
積極的に海外展開、2020年に営業利益50億円を目標

今回は、駐車場ビジネスからスキー場の運営、さらにはテーマパークの運営まで幅広くサービス展開する「日本駐車場開発」(証券コード: 2353)についてまとめていきたいと思います。

日本駐車場開発

2018年12月19日 07:00

海外事業の売上が3倍!「MaaS」への取り組みも開始する「パーク24」2018年10月期決算

海外事業の売上が3倍!「MaaS」への取り組みも開始する「パーク24」2018年10月期決算
通期売上は2,985.2億円(+28.1%)、営業利益225.4億円(営業利益率: 7.6%)
海外駐車場の売上が2.9倍(237億円→683億円)、2017年8月に買収したイギリス最大の駐車場会社「National Car Parks」が通年寄与
国内駐車場の運営台数は70万台以上に。イオンなどの来客用駐車場サービス「TPS」が2ケタ成長
カーシェア「タイムズカープラス」は27%増収(295億円)。会員数が100万人を突破
のれん償却によって海外事業は営業損失を計上。現在の時価総額は4,701億円
来期の売上予想は3,200億円(+7%)。小田急電鉄などと「MaaS」で提携

駐車場「タイムズ」などを運営する「パーク24」(証券コード: 4666)の2018年10月期決算が発表されました。

2018年10月期決算短信