次なるビッグテーマ?「食」の問題に取り組む海外のアグリテック・ベンチャー5社まとめ
2019年01月26日 20:00

次なるビッグテーマ?「食」の問題に取り組む海外のアグリテック・ベンチャー5社まとめ

近年、ひそかに期待を集めているのが「アグリテック(AgTech:農業 x IT)」分野。英語だと「アグテック」ですね。

なんと言っても、地球上の人口は爆発的な拡大を続けています。

世界人口は2050年には約100億人に達すると言われ、その後は世界全体で高齢化が進むという予測もあり、「いかに効率よく、継続可能な方法で食料を生産するか」というのは人類全体の課題です。

人の数だけ食料は必要ですから、世界の「農業」市場も拡大を続けています。生産高ベースだと3.78兆ドル(4.1兆円)。

そんな中でアグリテック、スマートアグリ(Smart agriculture)と呼ばれる領域も拡大が期待されています。

現時点では2022年に2.5兆円なので、5年で2.5倍という成長が期待されています。

今回のエントリでは、アグリテック分野で期待を集める海外のスタートアップ5社についてまとめてみたいと思います。

ソフトバンクも投資した屋内農場「Plenty」

まず一社目は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドやAmazonのジェフ・ベゾス、Google会長のエリック・シュミットも投資した「Plenty」です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
スタートアップ 業界特集
2018年10月19日 12:00

農業機械の買取が急増!ニッチ商材で成長する「マーケットエンタープライズ」

30種類以上のジャンルで個人向けに買取
新規事業の売上が6倍以上に増加
仕入増加に伴って売上原価率が上昇
ニッチ商材と新規事業で売上20%成長を目指す

今回はWeb上で中古品の買取や販売を行なう「マーケットエンタープライズ」について取り上げたいと思います。

公式HP

2018年11月27日 20:00

日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」

日本の農産物流通を変革する!農業ベンチャー初の上場企業「農業総合研究所」
脱サラ、八百屋、そして農業プラットフォーマーへ。今期の売上は23.1億円(+39%)
農家の手取り額は市場流通の2倍。約8,000名の農家が登録
「バーコード発見システム」と「販売データ」を提供するITプラットフォーム
「買取委託」の拡大によって売上原価率が上昇。集荷場の数は86拠点に拡大
2018年8月以降に株価が2倍近く上昇。現在の時価総額は167億円
2年後のGMV160億円達成に向け、ECサービス開始や日本郵便との提携を発表

今回は「農業総合研究所」(証券コード: 3541)を取り上げます。

公式HP

彼らは農家との幅広いネットワークを有しており、スーパーマーケット内にある『農家の直売所』などへ農産物を提供しています。

2018年12月26日 12:00

時価総額1兆円!ベトナムで国内シェア60%の乳製品メーカー「Vinamilk」

時価総額1兆円!ベトナムで国内シェア60%の乳製品メーカー「Vinamilk」
1976年に創業し、現在は30カ国に進出。2017年の売上は約2,400億円
200種類以上の乳製品を販売し、国内シェアは59%
直営酪農場の増加で原価率が52.5%に改善。現在の時価総額は約9,500億円
人口増加に伴ってベトナムの乳製品消費量は1990年から30倍に増加

今回はベトナム企業の中で最大級の時価総額を誇る「Vinamilk」について取り上げます。

公式HP


2019年01月14日 07:00

マクドナルドの「パティ」も製造!創業70年を迎えた食肉業界のパイオニア「スターゼン」

マクドナルドの「パティ」も製造!創業70年を迎えた食肉業界のパイオニア「スターゼン」
終戦直後に創業した業界のパイオニア。18/3期売上は3,401億円
売上の80%は「食肉」卸売。マクドナルドの業績回復も追い風
売上原価率は90%前後。時価総額は383億円
食肉需要は右肩上がり。営業利益100億円に向け、ロボット導入などを積極化

今回は国内食肉メーカー大手の「スターゼン」(証券コード: 8043)をピックアップします。

会社HP

終戦直後に創業した業界のパイオニア。18/3期売上は3,401億円

2019年01月16日 07:00

障害者支援で農園運営!?コールセンターも好調で26.5%増収の「エスプール」2018年11月期決算

障害者支援で農園運営!?コールセンターも好調で26.5%増収の「エスプール」2018年11月期決算
「就職氷河期」にフリーター就労支援サービスを開始
「グループ型」の高品質な人材派遣が売上の70%を占める
企業の障害者雇用を「農園」で支援
アウトソーシング事業の利益率が19.7%に上昇
国内BPO市場は4.5兆円規模。障害者雇用率が2.3%に引き上げ

今回はアウトソーシングサービスで成長する「エスプール」(証券コード: 2471)の2018年11月期決算をまとめていきます。

「就職氷河期」にフリーター就労支援サービスを開始

エスプールの創業者は1966年生まれの浦上壮平氏です。