40年でGDP1万倍!漁村から奇跡的な発展を遂げた深センの歴史(前編)

40年でGDP1万倍!漁村から奇跡的な発展を遂げた深センの歴史(前編)

2019年01月19日 12:00

中国・深センは現在、イノベーション都市として世界中から注目を集めています。

(「深セン統計年鑑2018」および内閣府「県民経済計算」)

街は世界に類を見ないスピードで成長を続け、GDPは2.2兆元(35兆円)に到達。

北京、上海に次いで中国3位の規模となり、40年間の平均成長率は22.4%とダントツのトップを誇ります(中国全体の1980年-2015年平均成長率は9.7%)。

この続きを見るには
(1738文字 画像9枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
中国・アジア
どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(後編)

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(後編)

2019年02月24日 20:00

さて今回も前編中編に引き続き、中国の夢いっぱいの市場データについてまとめていきます。 

今回のエントリでは、自動車・旅行・マタニティ(+おまけ)の市場データを中心に扱っていきます。

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(中編)

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(中編)

2019年02月23日 20:00

さて今回も前編に引き続き、中国の夢いっぱいの市場データについて見ていきます。

今回のエントリでは教育とエンタメ周辺の市場データについて確認していきます。

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)

2019年02月22日 12:00

Stockclipでは日々、様々な企業のIR資料について読み込んでいます。

中国の新規上場企業の目論見書などにも日々、目を通しているわけなのですが、そこに出てくる中国の市場環境についてのデータが非常におもしろい。

13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

CPU業界の巨人「インテル」(ティッカーシンボル:INTC)が2018年通期決算を発表したのでまとめていきます。

2018年4Q決算説明資料