売上の70%が手帳!業績の季節性が顕著な「ほぼ日」1Q19決算まとめ
2019年01月22日 12:00

売上の70%が手帳!業績の季節性が顕著な「ほぼ日」1Q19決算まとめ

先日、「ほぼ日」(証券コード:3560)の2019年8月期1Qの決算が発表されたのでまとめていきます。

売上は23.7億円(+13.9%)、営業利益は7.7億円(+37.0%)

さっそく業績の推移を確認していきます。

今四半期の売上は23.7億円。

営業利益は7.7億円でとなっています。

前年からの売上成長率は13.9%となっています。

1Q18から9.9pt減少しています。

売上成長率は低下してはいるものの、業績は順調に推移していると言えます。

手帳の売上が16億円(全体の69.2%)、手帳の販売は季節性が顕著

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算 ほぼ日
2018年06月29日 20:00

7年間で営業利益率4倍!年間1億冊のキャンパスノートを販売するオフィス用品・家具メーカー「コクヨ」

「コクヨ」の意外な収益構造
安定した財務状況
好調を維持するファニチャー事業

今回は「キャンパスノート」でおなじみのオフィス用品メーカー「コクヨ」について取り上げたいとおもいます。

1905年、帳簿の表紙屋として「コクヨ」は大阪市内に誕生しました。

2018年12月18日 20:00

倉庫火災を乗り越え個人向けECが成長!独自商品で利益改善にシフトする「アスクル」2019年5月期2Q

倉庫火災を乗り越え個人向けECが成長!独自商品で利益改善にシフトする「アスクル」2019年5月期2Q
四半期売上は975億円(+7.5%)、営業利益11億円(-1.2%)
事業所向けサービスの売上は792億円(+3.9%)、多業種に向けたロングテール商品の売上が27%増加と成長に貢献
倉庫火災で減少していた個人向けサービスの売上は167億円まで増加。独自デザインの商品が売上を伸ばす
個人向けECの営業赤字は21億円だが、配送コスト削減により改善傾向
原価率は76.2%と減少傾向だが、販管費率は22.8%と配送運賃値上げにより増加
独自商品の拡大や配送料の改定で個人向けECの限界成長利益の黒字化を目指す

オフィス用品のECなどを運営している「アスクル」(証券コード:2678)の決算が発表されました。

決算説明資料

四半期売上は975億円(+7.5%)、営業利益11億円(-1.2%)

2018年12月20日 07:00

『EPARKお薬手帳』が急成長!「アルク」買収でエドテック事業に参入する「フリービット」

『EPARKお薬手帳』が急成長!「アルク」買収でエドテック事業に参入する「フリービット」
創業者はインターネット黎明期に慶應SFCで学生起業した経験を持つ石田宏樹氏。18/4期売上は386.5億円
子会社「フルスピード」のアドテク事業が収益の柱(売上構成比: 37%)。ブロードバンド事業と合わせて売上の7割を占める
2016年に参入したヘルステック事業が成長ドライバーに(前年比6.5倍)。『EPARKお薬手帳』の累計DL数が42万件を突破
18/4期のフリーキャッシュフローはマイナス。現在の時価総額は190億円
2020年の売上目標は500億円。『キクタン』などを発刊する「アルク」買収でエドテック事業に参入

今回はISP事業などを展開するインターネット企業「フリービット」(証券コード: 3843)を取り上げます。

2019年4月期決算説明資料

創業者はインターネット黎明期に慶應SFCで学生起業した経験を持つ石田宏樹氏。18/4期売上は386.5億円

2019年01月13日 07:00

雑貨メーカーが電子タバコで成長!利益率10%超えで右肩上がりの「トランザクション」

雑貨メーカーが電子タバコで成長!利益率10%超えで右肩上がりの「トランザクション」
雑貨業界が確立されていなかった1987年に起業
国内外に200以上の協力工場。電子タバコ参入で成長が加速
EC強化で原価率が63%に改善
電子タバコは2020年「受動喫煙防止法」施行で追い風

今回は「モレスキン」の日本展開なども行なう雑貨メーカー「トランザクション」(証券コード: 7818)を取り上げます。

会社HP

雑貨業界が確立されていなかった1987年に起業

2019年02月17日 07:00

市場規模1.5兆円!拡大するペット市場を狙う国内Pet Techサービスを5つ紹介

市場規模1.5兆円!拡大するペット市場を狙う国内Pet Techサービスを5つ紹介
飼育頭数は減少しているが、ペットの家族化により市場規模は増加
愛犬の気持ちを知ることができる『イヌパシー』
いつでも各分野の専門家に相談できる『ペッツオーライ』
安心して愛犬を預けることができる『Dog Huggy』
猫の健康状態をトイレで分析『ペットケアモニター 』
鼻紋でペットの個体認証を可能に『鼻紋プロジェクト』

ペット大国のアメリカではすでに盛んな「Pet Tech」という領域ですが、近年日本でもPet Techのサービスが見られるようになってきました。

今回はそんな日本のPet Techサービスをいくつかご紹介します。

飼育頭数は減少しているが、ペットの家族化により市場規模は増加