2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)
2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。

フィンテック、ECプラットフォーム、配車サービス、フードデリバリー、ホテル予約サービス、クリーンエネルギー等、分野は多岐に渡ります。

インドのユニコーン企業が多くなっている背景として、今後「確実」な成長が見込まれるという点があります。

インドの人口はすでに中国と非常に近い規模にありますが、これが2024年には逆転して世界で最大の人口となる見込み。

中国ではかつての一人っ子政策の影響によって今後15年程度で人口の拡大が止まるのに対し、インドは若年人口も大きく、長期にわたって人口拡大が見込まれます。

経済規模も急速に拡大しており、かつて植民地として支配下にあったイギリスのGDPを追い抜かんとしている状況です。

世界銀行 via Google

そんな中でタケノコのように(?)出てきたインドのユニコーンはどんな事業を展開しているのか、評価額の順に上から見ていきたいと思います。

インド政府の目指すキャッシュレス化の波に乗った電子決済の「Paytm」

Paytmはインドの電子決済とECプラットフォームを運営する会社です。
 

アプリから携帯電話の利用料金や、水道・ガス・光熱費などの公共料金、航空券やメトロなどの交通機関、映画のチケットの支払いができます。


「Paytm」は「Pay through Mobile」の略だそうで、国内に3億人のアプリユーザーを抱えています。

2018年8月にはウォーレン・バフェット氏の率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが250億ルピー(約400億円)出資し、インド初のバフェット銘柄になりました。

創業したビジャイ・シャルマ氏はインドに生まれ、英語教育を受けずに育ちました。


大学入学後、英語での授業についていくことができず出席も疎かになります。

ビジャイ氏はHotMailやYahooの創業者を輩出したスタンフォード大学を夢見るようになりましたが、経済的理由と語学的理由から断念。

その後プログラミングを独学で身につけて起業。一時は極貧に陥ったものの諦めず、2010年にスタートしたのが決済サービスの「Paytm」でした。

Paytmはインド国内の電子決済取引におけるシェアの3割程を占め、クレジットカード・デビットカードに次いでメジャーな手段となっています。

2017年にはソフトバンクが$14億出資しており、企業価値が$48億から$80億に上昇しました。

2018年度末に話題となったPayPayにはPaytmが深く関わっています。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社ですが、サービス提供にあたってPaytmの技術やノウハウが活用されました。

独立して成長を続けるEC企業「Snapdeal」

SnapdealはインドのEC企業で、インド版Amazonとも呼ばれています。販売ユーザー数は30万以上、登録者数は4500万人を誇ります。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
2018年09月02日 20:10

高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

キャッシュレス化が進まない背景
改革:高額紙幣廃止・デジタルインド計画・国民ID計画
インドでの決済手段
展望:インドのモバイル決済市場

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


2018年12月25日 20:00

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」

世界一のバイク市場を牽引!インド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」
ホンダとの合弁会社としてスタート。18/3期の売上高は約5,246億円
販売台数は約760万台。メンバーシップサービスの会員数が100万人を突破
製造原価率が改善傾向。現在の時価総額は約9,930億円
インド国内の二輪販売台数2,019万台は世界一。ホンダの猛追に対抗できるか

今回取り上げるのはインド最大のオートバイメーカー「Hero Motocorp」です。

公式HP

ホンダとの合弁会社としてスタート。18/3期の売上高は約5,246億円

2019年01月29日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」ユニコーン企業14社まとめ(中編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」ユニコーン企業14社まとめ(中編)
急拡大する市場の主要プレイヤー 再生可能エネルギー発電の「ReNew Power」
レストラン検索・フードデリバリー双方を手がける「Zomato」
創業4年でユニコーンに メッセンジャーアプリの「Hike」
超地域密着型フードデリバリーの「Swiggy」
オンライン卸売マーケットプレイスの「Shopclues」

前編に引き続き、インドのユニコーン企業5社を紹介します。

急拡大する市場の主要プレイヤー 再生可能エネルギー発電の「ReNew Power」

ReNew Powerはインド最大手の再生可能エネルギーデベロッパーです。 

2019年01月29日 20:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(後編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(後編)
Googleからの買収提案も却下、モバイル広告ネットワークの「InMobi」
不動産に注力のクラシファイドサービス「Quikr」
保険商品のネット販売シェアの5割を占める「PolicyBazaar」
2,000万人の学生を抱えるオンライン動画教育サービス「BYJU’S」
創業26ヶ月でユニコーン仲間入りのEC企業「Udaan」

中編に引き続き、インドのユニコーン企業5社を紹介します。

Googleからの買収提案も却下、モバイル広告ネットワークの「InMobi」

InMobiは世界最大級のモバイル広告ネットワークを運営しています。
登記上の本社はシンガポールですが、本拠地はバンガロールだそうです。

2019年02月03日 12:00

サラダ×デリバリー×音楽フェスで飛躍する米国ユニコーン「SweetGreen」とは?

サラダ×デリバリー×音楽フェスで飛躍する米国ユニコーン「SweetGreen」とは?
肥満大国にサラダデリバリーの超新星!
波乱万丈10年、鍵となる"コミュニティ作り"
2018年に2億ドル資金調達、更なる拡大へ
音楽フェスと健康フードの融合が話題に

今回は米国サラダ界の新星であるSweetGreenを取り上げたいと思います。


肥満大国にサラダデリバリーの超新星!