契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ

契約社数1,000社突破!働き方改革SaaSで45.0%増収の「チームスピリット」1Q19決算まとめ

先日、働き方SaaSプラットフォームを提供する「チームスピリット」(証券コード:4397)の2019年8月期1Qの決算が発表されました。

そこで今回はその業績やKPIの変化を中心に決算内容をまとめていきます。


売上3.9億円(45.0%)、営業利益0.1億円

まずチームスピリットの事業内容についてざっとおさらいしていきます。

「勤怠」「経費精算」「工数管理」「カレンダー」などの情報を従業員が一括登録できるSaaSプラットフォームを提供。

ICカードの勤怠自動取り込みなど従業員が意識しなくても働き方のデータを収集可能であることを強みとしています。

この続きを見るには
(1250文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード