2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(後編)
2019年01月29日 20:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(後編)

中編に引き続き、インドのユニコーン企業5社を紹介します。

Googleからの買収提案も却下、モバイル広告ネットワークの「InMobi」

InMobiは世界最大級のモバイル広告ネットワークを運営しています。
登記上の本社はシンガポールですが、本拠地はバンガロールだそうです。

スマホ向けの広告プラットフォームを提供しており、アプリゲームなどの広告から収益化を図っています。

大量の広告を在庫として持ってユーザー行動を分析し、広告主にとって効率的な広告を配信。 世界15億台以上の携帯機器に提供しており、2017年度売上高は2.83億ドルだったとのこと。


マッキンゼーのコンサルタントであったナビーン・テワリ氏らによって2006年に創業されました。 当初はSNS検索エンジンを開発していましたが、モバイル広告ネットワーク事業に転換。

同業社計4社を買収しており、海外にも裾野を広げています。 2015年にはGoogleから買収提案がありましたが、テワリ氏の「挑戦者であり続けたい」という考えから提案は拒否されました。

世界200カ国にネットワークを持ち、およそ10億人に向け世界各国のブランド広告を配信しているそうです。
グローバル展開を加速し、エンジニアの採用と技術研究にさらに投資をし、今後も競合を引き離すことを目指しています。

一方、売上はそれほど伸びていないという話もあり、今後どうなるかに注目です。

不動産に注力のクラシファイドサービス「Quikr」

Quikrは、ローカルな人々を結びつけるクラシファイドサービスを展開しています。
プラットフォーム上でモノやサービスを売買したり、借りたり、見つける場を提供しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア
2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)
インド政府の目指すキャッシュレス化の波に乗った電子決済の「Paytm」
独立して成長を続けるEC企業「Snapdeal」
急速にチェーン化を進める格安ホテル予約サービス「Oyo Rooms」
世界最大手Uberが最大の競合 配車サービスの「Ola Cabs」

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。

2019年01月29日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」ユニコーン企業14社まとめ(中編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」ユニコーン企業14社まとめ(中編)
急拡大する市場の主要プレイヤー 再生可能エネルギー発電の「ReNew Power」
レストラン検索・フードデリバリー双方を手がける「Zomato」
創業4年でユニコーンに メッセンジャーアプリの「Hike」
超地域密着型フードデリバリーの「Swiggy」
オンライン卸売マーケットプレイスの「Shopclues」

前編に引き続き、インドのユニコーン企業5社を紹介します。

急拡大する市場の主要プレイヤー 再生可能エネルギー発電の「ReNew Power」

ReNew Powerはインド最大手の再生可能エネルギーデベロッパーです。