13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

CPU業界の巨人「インテル」(ティッカーシンボル:INTC)が2018年通期決算を発表したのでまとめていきます。

2018年4Q決算説明資料


通期売上708.4億ドル(+12.9%)、営業利益率が32.9%に上昇

インテルは2016年から右肩上がりに業績を伸ばしています。

2018年の通期売上は前年から12.9%増の708.4億ドル、営業利益も233億円まで増加しました。

営業利益率も過去最高水準の32.9%まで上昇し、好調ぶりが伺えます。

この続きを見るには
(1515文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
最新決算 インテル・コーポレーション
中食外食産業の影の主役 ファミマや王将の味を支える「アリアケジャパン」

中食外食産業の影の主役 ファミマや王将の味を支える「アリアケジャパン」

2019年04月03日 20:00

「アリアケジャパン(証券番号:2815)」は、セブンイレブンやファミマ、餃子の王将など大手コンビニ・外食チェーンを支える会社で、「食のインテル」とまで呼ばれています。

畜産系天然調味料の販売を行う「アリアケジャパン」1966年に岡田甲子氏によって設立され、1985年にカリフォルニア州に初の海外拠点を開設。その後海外進出を積極化しました。現在は「畜産系天然調味料」の販売を中心に行なっています。鶏ガラスープやブイヨンなどですね。

スマホによるディスラプト!?デジカメ市場を牽引してきた「キヤノン」「ニコン」

スマホによるディスラプト!?デジカメ市場を牽引してきた「キヤノン」「ニコン」

2019年03月31日 20:00

日本企業が世界シェアを支配している業界といえば「デジタルカメラ」です。

日本企業が支配する「デジカメ市場」

40年でGDP1万倍!漁村から奇跡的な発展を遂げた深センの歴史(前編)

40年でGDP1万倍!漁村から奇跡的な発展を遂げた深センの歴史(前編)

2019年01月19日 12:00

中国・深センは現在、イノベーション都市として世界中から注目を集めています。

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

「最高に嫌なヤツ」のおかげ!?「シリコンバレー」はどのようにして始まったのか

2018年12月03日 12:00

日本でも「スタートアップ」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、当然ながら「新しい中小企業」という存在自体は昔からありました。(どんな企業も最初はそうです)

それではなぜ近年「スタートアップ」という名前が定着したのか。