IPO銘柄の中で割安なのは?2019年に新規上場が決まった15社の想定時価総額と業績を比較!(後編)

IPO銘柄の中で割安なのは?2019年に新規上場が決まった15社の想定時価総額と業績を比較!(後編)

2019年02月21日 20:00

前編の続き)

後編では、2019年に入ってから新規上場承認された企業15社のうち残り7社の事業内容と業績を確認します。

その上で、最後に全15社の想定時価総額と業績をそれぞれ比較してみたいと思います。


国内トップの人材管理システム「カオナビ」

まず1社目は、国内人材管理のクラウドサービスとして国内トップシェアをにぎる「カオナビ」です。

2008年に創業し、人事コンサルティングやシステム受託を行なう中でアイディアを醸成していき、2012年に『カオナビ』を正式リリース

4年後の2016年には国内人材管理システムとして第1位を獲得しました。

この続きを見るには
(3441文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
IPO
8nzxj1k ughlhdjm6m87ra

上場して伸びそうなのは?2019年これまでに新規上場が決まった15社の事業と規模をおさらい(前編)

2019年02月20日 20:00

今回のエントリでは、2019年になってからこれまでに新規上場が承認された15社について、その業績規模や事業の内容などについておさらいしたいと思います。