サラダ×デリバリー×音楽フェスで飛躍する米国ユニコーン「SweetGreen」とは?
2019年02月03日 12:00

サラダ×デリバリー×音楽フェスで飛躍する米国ユニコーン「SweetGreen」とは?

今回は米国サラダ界の新星であるSweetGreenを取り上げたいと思います。


肥満大国にサラダデリバリーの超新星!

彼らはここ3年で急成長してきた米国ユニコーン企業です。

2007年に創業したSweetGreenはサラダ、オンラインプラットフォームによるデリバリー、音楽フェスティバルを融合。

2018年にFidelity Investmentsから2億ドルの資金調達に成功し、評価額10億ドル越えで注目を得ることになりました。

アメリカが肥満大国であるのは有名な話ではありますが、それが現在になってもさらに深刻化しています。

カロリーの高いジャンクフード店が乱立している米国で、健康的かつデリバリー注文ができるSweetGreenが国民の支持を得ようとしています。

波乱万丈10年、鍵となる"コミュニティ作り"

では創業のバックグラウンドから辿ってみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
飲食 小売 スタートアップ Sweetgreen
2017年12月04日 11:30

高い成長率と利益率を両立するフードデリバリー企業「Grubhub」、その高いポテンシャルとは

Grubhubのビジネスモデル
Grubhubの競争力
高い収益性(テイクレート)
コスト構造の変化:概ね改善する中で配送費用は増大
財政状態とキャッシュフロー
オンラインフードデリバリーの高いポテンシャル

今回は、アメリカでオンデマンドのフードデリバリーサービスを展開するGrubhubについて調べます。

創業は2004年のことで、腹をすかせた二人の開発者が紙のメニューの代替を作るために「Grubhub」を設立。

2018年05月06日 12:43

2012年創業から3年でユニコーンに!アメリカの食料品デリバリーサービス「Instacart」の歴史

Instacartの創業者アプアバ・メフタ氏
創業からユニコーンへ:6年間の主なトピック

今回は、アメリカのユニコーン企業「Instacart」についてまとめたいと思います。

Instacartのサービスを一言で表すと、「食料品買い物代行&デリバリー」。

多くの人がすでに買い物を行なっている食品スーパーでの買い物を代行し、その日のうちに運んでくれるというサービスです。

2019年01月06日 07:00

イギリスの出前市場の32%を握る!欧州のフードデリバリーサービス『Just Eat』

イギリスの出前市場の32%を握る!欧州のフードデリバリーサービス『Just Eat』
2001年にデンマークで創業、2017年の売上は5.5億ポンド(769億円)
イギリスを中心に2,280万人が利用、2017年のGMVは33億ポンド(4,645億円)
イギリスの出前市場は65億ポンド(9,148億円)、そのうち32%を獲得

今回は、ヨーロッパのフードデリバリーサービス『Just Eat』についてまとめたいと思います。

2001年にデンマークで創業、2017年の売上は5.5億ポンド(769億円)

創業は2001年、デンマークの起業家5人がオンラインのフードデリバリーサービス『Just Eat』を開始しました。

2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)
インド政府の目指すキャッシュレス化の波に乗った電子決済の「Paytm」
独立して成長を続けるEC企業「Snapdeal」
急速にチェーン化を進める格安ホテル予約サービス「Oyo Rooms」
世界最大手Uberが最大の競合 配車サービスの「Ola Cabs」

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。

2019年01月27日 20:00

未来の移動スーパー!?海外のデリバリーロボット大特集

未来の移動スーパー!?海外のデリバリーロボット大特集
アマゾンが発表した自走ロボット「Scout」
Google自動運転部門のエンジニアが創業した「NURO」
Skypeの元創業者が設立した「Starship」
エレベーターに乗降可能な輸送ロボット「Savioke」
NASAとAppleのエンジニアによって創業された「Marble」
TOYOTAも出資している「Boxbot」
Yコンビネーターも出資する配送ロボット「Robby」
アメリカの著名VCであるAndreessen Horowitzから資金調達をした「dispatch」
アメリカの大学構内で炎上し話題になった「Kiwibot」
将来の移動式スーパー「Robomart」
アメリカの食料品オンラインショッピングの市場規模は297億ドルに

先日アマゾンが配送ロボット「Scout」を発表し、路上テストを開始したことを発表しました。

今回はそんな海外の配送ロボットを一気にまとめていきたいと思います。

アマゾンが発表した自走ロボット「Scout」