増収率35.6%に加速!クラウドサイン導入3.5万社突破の「弁護士ドットコム」19/3期3Q決算
2019年01月28日 20:00

増収率35.6%に加速!クラウドサイン導入3.5万社突破の「弁護士ドットコム」19/3期3Q決算

リーガルテック企業「弁護士ドットコム」(証券コード:6027)の2019年3月期3Q決算が発表されました。

決算説明資料

四半期売上は8.1億円(+35.6%)、営業利益1.1億円(営業利益率13.2%)

彼らが展開する「弁護士ドットコム」は、弁護士の3人に1人以上が登録する国内最大の法律相談ポータルです。

サイトを通じて新規案件の獲得を支援したり、弁護士同士のコミュニティ機能も提供。

国内約4万人いる弁護士の3人に1人が登録するサービスとなっています。

業績は見事な右肩上がりで、今四半期の売上は8.1億円まで増加しています。

30%前後に落ち着いていた増収率は35.6%に再加速しました。

セグメント別売上を見てみると、「弁護士ドットコム」を通じたマーケティング支援の売上が4.6億円で収益の柱となっています。

一般ユーザーが法律相談の回答を閲覧できる「有料会員」売上が1.4億円で、主要2セグメントを合わせた売上が6.0億円と全体の73.9%を占めます。

クラウドサイン好調で「広告その他」売上が前年比254.1%増収

弁護士関連サービスの成長が少しずつ鈍化している中でも、複数の新規サービスが彼らの急成長を牽引しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算 弁護士ドットコム
2018年03月09日 17:19

請求書の作成から支払い、税務までを自動化!ニュージーランドからクラウド会計ソフトを提供、急成長を続ける「Xero Limited」

請求から売上の受け取り、税額計算までを自動化
地域ごとの売上高
Xeroの財政状況
現在の主な事業数値の状況
まとめ

今回取り上げるのは、ニュージーランドのテクノロジー企業「Xero Limited」です。

Xeroは、クラウドベースの会計ソフトウェアを提供しています。いわゆる「SaaS(Software as a Service)」企業ですね。

2018年04月13日 09:51

賃貸物件管理SaaSを提供!法律事務向け「MyCase」も買収、特定分野SaaSの拡大を狙う「AppFolio」

AppFolioが提供する不動産管理ツールとは
その他の事業数値

スモールビジネス向けに資産管理ツールを提供する「AppFolio」についてまとめたいと思います。

AppFolioが提供するのは、アパートなどの賃貸物件をはじめとする、不動産の管理ツール。

2018年04月28日 16:59

ユーザー数およそ37万人!オンラインで契約書のやりとりを完結する「DocuSign」が新規上場

DocuSignの歴史
DocuSignのサービス内容
事業KPIの推移
財政状態
まとめ
参考資料

今回は、新しくNASDAQへの上場が発表された「DocuSign」についてまとめます。


DocuSignは2003年に創業した会社で、オンラインで契約締結を行えるクラウドサービス『DocuSign』を展開しています。

2018年05月16日 12:46

弁護士の3人に1人以上が登録!『クラウドサイン』への積極投資も進める「弁護士ドットコム」18/3期決算

弁護士ドットコムの展開サービス
売上高の内訳
『弁護士ドットコム』の事業KPI
新規サービス『クラウドサイン』の状況
財政状態
今後の展望

今回は、先日2018年3月期の通期決算が発表された「弁護士ドットコム」についてまとめたいと思います。

創業者の元榮太一郎氏は、1975年に米国イリノイ州で生まれた人物。

2018年12月27日 12:00

創業者は自衛隊出身!アジア企業の海外訴訟を支援する「FRONTEO」

創業者は自衛隊出身!アジア企業の海外訴訟を支援する「FRONTEO」
自衛隊出身の創業者。日本企業の海外訴訟を支援するために起業
アメリカの情報公開制度「ディスカバリ」に対応する支援ソリューションを提供
手元キャッシュは51.3億円とBSの35%ほど
独自のAI技術を用いた事業で売上拡大を狙う(122億円→300億円)

今回は、アジア企業の海外訴訟を支援する「FRONTEO」(証券コード:2158)について見ていきます。

海外訴訟

自衛隊出身の創業者。日本企業の海外訴訟を支援するために起業