導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場

導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場

2019年01月29日 07:00

今回は1/25にマザーズ上場が承認された(株)スマレジ(証券コード:4431)についてまとめていきます。

月額0円から使えるPOSレジシステム「スマレジ」を運営、売上成長率は48.5%

(株)スマレジは2005年にHPの作成等を目的に設立されました。

2011年、現在のメインサービスであるタブレットPOSシステム「スマレジ」をリリース。 

2018年にはスマレジ導入店舗が50,000店を突破しました。

この続きを見るには
(1592文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
IPO
無人AIレジをスタート「サインポスト」2019年2月期本決算

無人AIレジをスタート「サインポスト」2019年2月期本決算

2019年04月19日 17:30

サインポスト(3996)の2019年2月期決算について見ていきます。世界初のAI搭載型自動レジ(特許出願中)を新規事業として始めますが、既存事業はどうなっているのでしょうか?

上場して伸びそうなのは?2019年これまでに新規上場が決まった15社の事業と規模をおさらい(前編)

上場して伸びそうなのは?2019年これまでに新規上場が決まった15社の事業と規模をおさらい(前編)

2019年02月20日 20:00

今回のエントリでは、2019年になってからこれまでに新規上場が承認された15社について、その業績規模や事業の内容などについておさらいしたいと思います。

方針としては、15社をそれぞれスライド2~3枚ずつでざっくりまとめ、後編の最後に事業規模を比較してみたいと思います。

「Indeed」と「Glassdoor」が50%増収!「リクルート」3Q19決算まとめ

「Indeed」と「Glassdoor」が50%増収!「リクルート」3Q19決算まとめ

今回まとめるのは「リクルートホールディングス」(証券コード:6098)の2019/3期の第3四半期決算です。

今四半期の売上は5,871億円(前年同期比+6.0%)、EBITDAは848億円

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

2018年12月07日 12:00

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。