導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場
2019年01月29日 07:00

導入店舗数は5.8万店舗!クラウドPOSレジを提供する「スマレジ」が新規上場

今回は1/25にマザーズ上場が承認された(株)スマレジ(証券コード:4431)についてまとめていきます。

月額0円から使えるPOSレジシステム「スマレジ」を運営、売上成長率は48.5%

(株)スマレジは2005年にHPの作成等を目的に設立されました。

2011年、現在のメインサービスであるタブレットPOSシステム「スマレジ」をリリース。 

2018年にはスマレジ導入店舗が50,000店を突破しました。

売上は堅調に推移しており、2018/4時点の売上は13.9億円。 

営業利益は3.1億円ですから、営業利益率は22.3%ということになります。

売上成長率は48.5%と非常に高い水準をキープしています。

0円から12,000円まで5つの料金プラン、周辺機器販売もおこなう

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
新規上場
2017年04月06日 17:37

AIレジで革命を!金融+公共機関向けコンサルに強みを持つ「サインポスト」

会社概要・主要事業
企業業績・事業セグメント別業績
サインポストの今後の成長戦略について

最近スーパーやコンビニを利用すると、人が対応せずとも決済を行える「無人レジ」をよく見かけます。便利だと感じる反面、単純な接客業は消えていってしまうのか...とテクノロジーの進化に驚く日々です。

今回はそんな無人レジを事業の一つとして扱うサインポスト <3996> についてチェックしていきたいと思います。2017年11月21日に上場したばかりですが、「AIを活用したレジ」を製品化・普及させることが話題になっており非常に注目の高い会社です。


2018年10月19日 19:00

送金アプリ『Venmo』決済額が78%増!キャッシュフローも大幅にプラスとなった「PayPal」2018年3Q決算

送金アプリ『Venmo』の決済額が167億ドルに
『BrainTree』の成長も手数料収益の増加に貢献
その他収益とアメリカ売上が減少した理由
ローン売却によってキャッシュフローが大幅に増加

オンライン決済サービスを提供する「PayPal」の2018年3Q決算が発表されました。

決算説明資料

2018年11月10日 12:00

定期課金・サービス売上で加速しつつ次の種をまき続ける「Square」2018年3Q決算まとめ

総売上は8.8億ドル(+51%)、調整後売上は4.3億ドル(+68%)
定期課金・サービス売上が1.7億ドルに拡大
決済取扱高(GPV)は225億ドルに拡大
粗利率の高い定期課金・サービス売上の伸長とともに収益性が改善
営業キャッシュフローは四半期1億ドル以上のプラス
スタンドアロン形式のハードウェア「Squareターミナル」を発表
「Square Installments」で月賦販売を可能に

アメリカの決済サービス「Square」の2018年3Q決算が発表されたので、今回もまとめたいと思います。

総売上は8.8億ドル(+51%)、調整後売上は4.3億ドル(+68%)

2018年11月30日 12:00

LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい

LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい
4大銀行の寡占状態を打破するべく、イギリス政府が銀行業への参入規制を緩和
2017年のフィンテック投資は4,000億円以上(前年の2倍)。「チャレンジャーバンク」は10社以上に増加
Metro Bank: 店舗を持つ銀行として100年ぶりの新規参入。創業者はレイ・クロックの元同僚
Atom Bank: イギリス初のモバイル専業銀行
Virgin Money: ヴァージョン・グループが買収によって銀行業に参入
Aldermore Bank: イギリスで初めて金融商品のユーザーレビューを許可
OakNorth: 350社以上の成長企業へ融資
Tandem: キャッシュバック付きクレジットカードで人気を集める
Monzo: ミレニアル世代から人気を集め、口座数が75万を突破

日本ではLINEの銀行業参入というビッグニュースが飛び込んできました。

Business Insider

2018年12月07日 12:00

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算
店舗向け決済ソリューション「Pagseguro」: 四半期売上は約333億円(+65.6%)
決済手数料収益(175億円)と「先払い」による金融収益(113億円)の二本柱。決済高は約5,920億円(+89.9%)
バークシャー・ハサウェイなどから出資を受けたユニコーン「Stone」: 四半期売上は約120億円(+121.3%)
財務管理などの定期課金サービスが急成長。決済高はPagseguroを上回る約6,370億円(+83.2%)

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。