「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

2019年02月02日 20:00

今回は世界最大手の通信設備メーカー「エリクソン」の最新決算をピックアップします。

決算説明資料

3年ぶりに増収増益を達成(売上2.6兆円、営業利益145億円)

エリクソンは1876年にスウェーデンで生まれた老舗テクノロジー企業です。

History

電信器の修理屋として始まり、固定回線のインフラ整備から端末開発まで手がけてきました。

2001年からソニーと合弁で「ソニー・エリクソン」として携帯電話を販売していましたが、2011年に撤退(ソニーに株式を売却)。

現在は携帯基地局の開発に特化し、世界中の通信インフラを支えています。

この続きを見るには
(1340文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
最新決算 Ericsson
今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで

今年は「5G元年」!モバイルネットワークの歴史から5Gの3つのキーワードまで

2019年01月13日 12:10

今回は今年から一部実用化が始まる「5G」についてまとめていきます。

5Gは自動運転、動画、AR・VR、医療ロボットなどの基盤を成すテクノロジーです。

決算説明で出てきたソフトバンクビジョンファンド投資先ベンチャー14社の事業内容をおさらい

2018年11月08日 07:57

11月5日、ソフトバンクグループの2019年3月期2Q決算が発表され、Stockclipでもまとめ記事を出しました。

中華スマホメーカーとして躍進するファーウェイが所有する、スマホ事業よりも大きな事業とは

これまで、スマートフォン業界での販売台数シェアはサムスン電子が圧倒的一位で、それにアップルが次ぐという状態になっていましたが、この構図は変わりつつあるようです。

世界最大級の契約数を有するチャイナモバイル

2017年06月20日 16:25

日本国内でもドコモやau、ソフトバンクなどのモバイル通信事業はとても収益性の高い事業ですが、中国や米国などの巨大な人口を有する市場ではどのくらいの規模になるのでしょうか。今回はチャイナモバイルについて調べてみます。

チャイナモバイルの歴史と概要