物流版Uber!貨物配送のマッチングをおこなう「トランコム」
2019年02月09日 07:00

物流版Uber!貨物配送のマッチングをおこなう「トランコム」

今回は貨物配送のマッチング事業を手掛ける「トランコム」(証券コード:9058)をまとめていきます。

物流ネットワーク企業「トランコム」、売上は1,417億円

トランコムの創業は1952年にまで遡ります。 

小型三輪車による運送業を目的に設立され、その後タクシー事業や引越しサービス業などを展開。 

現在は物流管理の受託や貨物配送のマッチング事業を手掛けています。 

売上は堅調に推移しており2018/3期の売上は1,417億円ほど、前年度からの売上成長率は6.3%となっています。 

営業利益は59億円あるので、営業利益率は4.1%となります。

貨物マッチングは年間120万件以上、「ハコベル」の17倍ほどの規模

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 トランコム
2018年06月01日 11:28

1979年より物流管理システムを開発!在庫管理システムをクラウドで提供する「ロジザード」

ロジザードの事業内容
財政状態
ロジザードの強みとは?

昨日、新規上場が発表された「ロジザード」についてまとめたいと思います。

会社ホームページ

2018年09月08日 18:00

【永久保存版】宅急便はどのように普及したのか(前編)

日本一のトラック会社を作った創業者・小倉康臣
戦後、長距離輸送への波に乗り遅れる
小倉昌男氏が社長に就任し、個人向け事業を構想

今では当たり前のものとなっているクロネコヤマトの「宅急便」。

「個人向け宅配」という巨大なネットワークをどのようにして作ってきたのか。

2018年11月29日 20:00

ゴミ収集版Uberがユニコーンに!?ユニコーン入りした米国スタートアップ(前編)

ゴミ収集版Uberがユニコーンに!?ユニコーン入りした米国スタートアップ(前編)
Roblox:子供用3Dゲーミングプラットフォーム(評価額:25億ドル)
Bird:電動キックスクーター(評価額:20億ドル)
Service Titan:生活サービスSaaS(評価額:16億ドル)
One Medical:オンライン診察サービス(評価額:15億ドル)
Toast:レストラン向けPOSシステム(評価額:14億ドル)
Allbirds:シリコンバレーで大人気『世界で最も快適な靴』(評価額:14億ドル)
Postmates:買い物代行・即配サービス(評価額:12億ドル)
Rubicon:ゴミ収集版Uber(評価額:11億ドル)

前回2018年にユニコーン入りした中国のスタートアップをまとめました。

今回は中国に引き続き、2018年にユニコーン入りした米国スタートアップを前編・後編に分けてまとめていきたいと思います。

2018年12月08日 12:00

2,500億ドルの賠償請求で破産!Uber創業者トラビス・カラニックの壮絶な半生(前編)

2,500億ドルの賠償請求で破産!Uber創業者トラビス・カラニックの壮絶な半生(前編)
小さい頃の夢はスパイになること
起業家精神の芽生え、ナイフの訪問販売で稼ぎまくる
ファイル共有サービスを開発し、2500億ドルの賠償金を要求される
Scourのメンバーと再度リベンジ「Red Swoosh」を創業
資金がショートし、仲間の裏切りにもあう

2009年に創業されたUberは、現在70ヶ国でライドシェアサービスを展開しています。

travis kalanick

2018年12月13日 20:00

売上3倍の『ハコベル』が成長を牽引!利益創出フェーズでも43%増収の「ラクスル」2019年7月期1Q決算

売上3倍の『ハコベル』が成長を牽引!利益創出フェーズでも43%増収の「ラクスル」2019年7月期1Q決算
四半期売上は34.3億円(+43.6%)、営業利益は3,400万円(4四半期連続で営業黒字)
印刷事業が安定的に利益を創出(セグメント利益: 3.0億円)。ラクスル累計ユーザー数は70万人超え
『ハコベル』の売上は前年の3倍(2.3億円)。売上構成比が6.7%に上昇
上場時から株価は30%近く上昇。現在の時価総額は821億円

印刷通販などを手がける「ラクスル」(証券コード: 4384)の2019年7月期1Q決算が発表されました。

2019年7月期1Q決算説明資料