9年連続で増収率20%以上!間接資材のアマゾン「MonotaRO」18/12期本決算
2019年01月31日 07:00

9年連続で増収率20%以上!間接資材のアマゾン「MonotaRO」18/12期本決算

今回まとめるのは、1/30に本決算の発表があった「MonotaRO」(証券コード:3064)です。

2018年12月期決算説明資料

登録口座数は330万件、17期連続で増収(+24%)

製造業向けのAmazonともいえる「モノタロウ」は、主に製造業・建設業界向けに間接資材のECを運営。 

間接資材とは、製造工程で使用される研磨剤やドリル、軍手などの商材を指します。 

取扱点数は1,700点ほど、登録口座数は330万件ほどとなっています。

通期の売上は右肩上がりに増加しており、2018/12期の売上は1,095億円となっています。 

モノタロウは17期連続で増収しており、9期連続で20%以上の増収を達成しています。 

営業利益は137億円ですから、営業利益率は12.5%。

四半期ベースでの業績推移を見ていくと、今四半期の売上は305億円、営業利益は36億円ほど。

 前年同期からの売上成長率は25.8%、営業利益率は11.8%です。

業界の慣習を打ち破る「販売価格一定」、ユーザーの6割弱が従業員規模30人以下

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算 EC MonotaRO
2017年10月10日 15:32

「利益を出さない」ことで有名なAmazonは20年間、資金をどのように調達し、何にどのくらい投資してきたのか?

損益の推移
コスト構造の変遷
資産内訳の変遷
負債内訳の変遷
キャッシュフローとFCF倍率

前回、AppleとMicrosoftの事業数値を昔にさかのぼって追ってみたエントリが好評だったので、今回はAmazon.comについて同じことをやってみます。

Amazonは1994年に「Cadabra.com」として設立されました。翌年、オンライン書店「Amazon.com」の提供を開始。1997年にはナスダックへの上場を果たします。

1999年には「1-Click」特許を取得。2002年にはクラウドサービス「Amazon Web Services」を提供開始。2007年には電子書籍リーダー「Amazon Kindle」を発表。

2018年01月16日 09:09

Amazonと全面対決!世界最大の小売チェーン「ウォルマート」戦略のココが面白い

ウォルマートがAmazonにディスラプトされない理由
1. 不可逆的になる前に出店を絞って巨額のIT投資を行っていたことがようやく実りつつある
2. EC×実店舗(O2OやOMO)の世界的トレンド。EC台頭で実店舗が"終わった"わけではない。
3. 不況に強いウォルマート
4. Amazon一強のマーケットプレイスに怯える業者が対抗馬を欲している
5. Amazonにはできないウォルマート独自の戦略がうまくいっている
6. Amazonがうまくいっていない中国で、EC2強のJD.comの大株主かつ戦略的提携関係である点
店舗を整理し、出店を控え、賃金を引き上げたことで業績に影響が出たウォルマートだが…

Amazonが米国の好立地スーパー「Whole Foods Market」を買収し、実店舗に本格的に進出することで、よりウォルマートなどのブリック・アンド・モルタル(実店舗)な小売企業との境界線が無くなってきている。(ちなみに裕福な顧客が多いホールフーズと低所得顧客も多いウォルマートは顧客層が違う)


2018年01月24日 07:22

Amazonに負けないアメリカ最大のホームセンター「Home Depot」の強さの秘密とは

1. ホームデポはいち早く出店を抑えてIT関連投資を行い「Amazon時代」に備えていた 
2. DIYトレンドはゆるやかなダウントレンドだがホームデポは手をうっている
3. ホームデポの顧客が求めるサービスの"垂直統合"にAmazon耐性がある
ホームデポの今後



2018年04月02日 18:58

富士通やリコーなどの製造業向けにサブスクリプション基盤を提供する新規上場企業「ビープラッツ」

ビープラッツの沿革
ビープラッツが展開する事業
ビープラッツの運営体制を数字からみる
その他の事業数値

「サブスクリプションビジネスのプロフェッショナル集団」を標榜するビープラッツが新規上場することが発表されました。

ビープラッツは2006年にクラウド上の販売課金プラットフォームを提供するために設立された会社。

創業当時から「サブスクリプション」というジャンルに真剣に取り組んできたそうで、近ごろ注目される「IoT」分野でもサービスを提供しています。

2018年10月27日 12:00

法人向け購買サイト『Amazon Business』が年間100億ドルペース!Amazon2018年3Q決算まとめ

四半期売上は566億ドル(+29.5%)
サービス売上は前年比52%の高成長で228億ドル
フリーキャッシュフローが前年同期から倍増して154億ドルに
年間売上ペース100億ドルに達したという『Amazon Business』

我らがAmazon.comの決算が発表されたので、まとめていきたいと思います。

四半期売上は566億ドル(+29.5%)