Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)
2019年02月10日 12:00

Fintechユニコーン企業まとめ中編(ビジネスツール・決済系Fintech7選)

前編のローン系7社に引き続き、中編ではビジネスツール・決済系Fintech企業7社を取り上げて、紹介していきたいと思います。


まずはビジネスツール系Fintech企業の5社からです。

中国発の資金管理サービス「CGTZ」

CGTZ」は2013年にJin Zhongyi氏によって中国で設立された資金管理サービスです。

今では累計ユーザーは900万人を超え、全ての資金管理額は861億元にも達しています。

2018年には3.58億ドルの累計調達額を達成しています。

請求書管理自動化を手掛ける「AvidXchange」

AvidXchange」は2000年にニューヨークのタイムズスクエアで創業し、3年後には請求書管理事業を始めています。

2012年にはAvidPayという買い掛け金と請求書管理の自動化のサービスをリリースしました。

2015年にBain Capitalから2.25億ドルの投資を受ける等の道のりを辿りながら、2017年にユニコーンとなっています。

サービスとしてはアプリケーションの販売当社自身が請求書等を発行する2つに分かれています。

デンマーク発のプラットフォームプロバイダ「Tradeshift」

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
2018年07月16日 20:00

韓国のキャッシュレス決済比率89.1%!一体どのように決済比率を上げたのか

決済の歴史:物々交換からクレジットカード誕生まで
「アジア通貨危機」をきっかけに財政が危機的状況に
政府主導によるクレジットカード推進策
「コインレス」に向けた新たな取り組み
2027年にキャッシュレス比率40%を目指す

今回は、韓国のキャッシュレス化が進んでいる理由についてまとめてみたいと思います。

Unsplashより、札束風の紙をぶちまける女性の写真

2018年09月02日 20:10

高額紙幣廃止によってキャシュレス化が進行!ソフトバンク、グーグルが目を光らせる「インド」決済市場

キャッシュレス化が進まない背景
改革:高額紙幣廃止・デジタルインド計画・国民ID計画
インドでの決済手段
展望:インドのモバイル決済市場

前回まで韓国のキャッシュレス化のあゆみや中国がモバイル決済大国になった経緯などを調べてきました。


2018年08月27日 20:00

自動車ローン開始で売上が倍増!若年層向けに金融サービスを展開する中国フィンテック企業「Qudian」

Qudianが展開するマイクロクレジットサービス
Qudianの融資は「少額」「短期」「予算内」
『Dabai Auto』がQudianの新たな柱に
『Dabai Auto』開始でコスト構造にも変化
上場後の株価は下落続き

今回は中国で消費者金融サービスを展開するフィンテック企業「Qudian」についてまとめます。


2018年11月30日 12:00

LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい

LINE Bankの未来像もそこに!イギリスの銀行業界を塗り替える「チャレンジャーバンク」がアツい
4大銀行の寡占状態を打破するべく、イギリス政府が銀行業への参入規制を緩和
2017年のフィンテック投資は4,000億円以上(前年の2倍)。「チャレンジャーバンク」は10社以上に増加
Metro Bank: 店舗を持つ銀行として100年ぶりの新規参入。創業者はレイ・クロックの元同僚
Atom Bank: イギリス初のモバイル専業銀行
Virgin Money: ヴァージョン・グループが買収によって銀行業に参入
Aldermore Bank: イギリスで初めて金融商品のユーザーレビューを許可
OakNorth: 350社以上の成長企業へ融資
Tandem: キャッシュバック付きクレジットカードで人気を集める
Monzo: ミレニアル世代から人気を集め、口座数が75万を突破

日本ではLINEの銀行業参入というビッグニュースが飛び込んできました。

Business Insider

2018年12月07日 12:00

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算

実はフィンテック大国!爆伸びするブラジルの決済2社「Pagseguro」「Stone」2018年3Q決算
店舗向け決済ソリューション「Pagseguro」: 四半期売上は約333億円(+65.6%)
決済手数料収益(175億円)と「先払い」による金融収益(113億円)の二本柱。決済高は約5,920億円(+89.9%)
バークシャー・ハサウェイなどから出資を受けたユニコーン「Stone」: 四半期売上は約120億円(+121.3%)
財務管理などの定期課金サービスが急成長。決済高はPagseguroを上回る約6,370億円(+83.2%)

フィンテックといえば先日取り上げたイギリスなどの印象が強いですが、南米・ブラジルでも急成長企業が複数登場しています。

今回は「Pagseguro」(ティッカーシンボル: PAGS)と「Stone」(ティッカーシンボル: STNE)2社の最新決算をチェックしていきます。