決算報告でマーク・ザッカーバーグが語った「2019年にFacebookが注力する4つの優先事項」とは

決算報告でマーク・ザッカーバーグが語った「2019年にFacebookが注力する4つの優先事項」とは

2019年02月04日 12:00

Facebookの2018年決算が出ましたね。

決算コールでCEOのマーク・ザッカーバーグが発言する内容には、インターネット世界で少なくない意味があると思うので、今回もまとめてみたいと思います。例によって超訳です。

Facebook、Instagram、WhatsApp、もしくはMessengerを毎月使うユーザーは27億人に達し、20億人は毎日少なくとも一つのサービスを利用している。

前回のコールで、私たちが直面する重要な機会と課題への戦略について話した。今日はそのアップデートと、2019年の優先事項についても話したい。

これまでの2年、私たちが主に注力してきたのはインターネットの未来に対する最大の社会的課題に対処することだった。選挙の公正さや、コンテンツの統治、セキュリティ、データプライバシー、デジタルの健全性などだ。

どれも複雑な問題だが、本当に前に進んでいると言える。これらの多くの領域で、私たちは世界で最も進んだシステムを作ったと思う。多くの面でどんな会社や政府よりも発展している。

他の面でもクリアなロードマップが見えている。まだやることは多いが、2019年もしっかりやり遂げて、いずれは全てのシステムを必要なレベルに上げたい。


私たちは、この会社の運営方法を根本から変えた。有害なことを防ぐことに注力するようにしたんだ。何十億ドルものお金をセキュリティに投資して、会社の収益性は下がった。

間違った情報を止めるためにWhatsAppのエンゲージメントを下げるようなアクションをとったし、Facebookでもより良い人生のために1日5,000万時間のバイラル動画を減らした。

この続きを見るには
(3556文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。

Facebook2017Q2決算説明会でマーク・ザッカーバーグが語るロードマップ

2017年08月27日 15:00

前回、スナップ社の四半期報告会でのエヴァン・スピーゲルの発言をまとめたノートが一部で好評でした。

やはりCEO本人が何を言ったかは企業の情報としてかなり重要だと思うので、これを続けていくのもアリかなと思いました。