市場規模40兆円!自動車・建設・医療についで大きい「不動産業界」統計データまとめ:その①不動産開発

市場規模40兆円!自動車・建設・医療についで大きい「不動産業界」統計データまとめ:その①不動産開発

2019年03月04日 08:30

人口密度の高い日本において、経済発展とともに大きくなったのが不動産業界です。

市場規模マップ」によると、国内で自動車、建設、医療についで大きいのが「不動産」市場で、40兆円くらいの規模があります。

日本のGDP(国内総生産)が500兆円くらいと言われていますから、ざっくり7.9%ほどを1つの産業だけで占めているとも言えます。

そこで今回は、国内有数の規模を誇る「不動産業界」がどのようになっているのか、統計データを集めて整理してみたいと思います。

利用するのは不動産流通推進センターが出している2018 不動産業統計集です。


不動産業の法人数は32万を超え、全産業の11.6%を占める

まず知っておきたいのは、不動産業の「法人数」の多さです。

財務総合政策研究所の資料によると、日本には全産業(金融・保険のぞく)合わせて277万の法人があります。そのうち不動産業は何社くらいあるでしょうか?

答えはなんと、32万。

不動産業の法人だけで全産業のうち11.6%を占めています。ものすごい数ですね。

何よりすごいのは(上グラフには入れていませんが)1997年以来、一度も法人数が減っていないということ。


そして不動産業界の法人が多いのは、小規模なプレイヤーがめちゃめちゃ多いからです。

不動産業32万法人のうち、資本金が5,000万円未満の法人が96%もの割合を占めています。ほとんど全てに近いと言っても過言ではありません。

この続きを見るには
(2644文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

KPIから見えてくる!ホテル各社の強みと戦略

ホテル業界第11弾では、ホテルを運営している企業を主要KPI(稼働率や客室単価、インバウンド宿泊者比率など)で比較。仮説を交えながらその要因を探っていきます。

そもそも、各指標はホテル事業にとってどういった意味合いを持っているのでしょうか。

シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

東京オリンピック開催に伴う建設需要はさまざまな業界に波及します。「三和ホールディングス」(証券コード:5929)はシャッターの国内最大手として堅調に業績を伸ばす企業です。

三和HDは1956年、高山萬司氏が兵庫県・尼崎市で創業しました。

投資ファンドを作った不動産会社!売上平均成長率73%のディア・ライフ

投資ファンドを作った不動産会社!売上平均成長率73%のディア・ライフ

今回はディア・ライフ(証券コード:3245)について見ていきたいと思います。 

不動産の販売から人材派遣まで行なう「ディア・ライフ」ディア・ライフは不動産の販売からスタートしました。その後不動産関連の派遣事業や、レンタル収納スペースの提供などを行なってきました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード