ついにMAU2億人超え!四半期で営業黒字化も達成した「Spotify」2018年本決算
2019年02月07日 12:00

ついにMAU2億人超え!四半期で営業黒字化も達成した「Spotify」2018年本決算

世界最大級の音楽サービス企業「Spotify」(ティッカーシンボル:SPOT)が2018年通期決算を発表したのでチェックしていきます。

投資家向けレター

通期売上は約6,575億円(+28.6%)、四半期で営業黒字化を達成

まずは通期業績を俯瞰してみます。


2018年の売上は52.6億ユーロ(6,575億円)で、5年間の平均成長率(CAGR)は47.6%となっています。

営業損失額は2017年まで年々拡大していましたが、直近の四半期業績はどのように推移しているでしょうか。

Spotifyの収益性は次第に高まってきており、今四半期は上場してから初めて営業黒字化を達成しました。

売上は過去最高の15.0億ユーロ(1,875億円)まで拡大しています。

成長スピードは少しずつ低下していましたが、直近2四半期は増収率が再び30%台に加速しています。

MAU2億人突破で広告収益の増収率が34.6%に加速

売上成長と収益性向上を両立するSpotify。

収益の大部分を支えているのは有料サービスに対する定期課金です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算 Spotify Technology S.A.
2018年03月01日 10:49

純損失12億ユーロもフリーキャッシュフローは1億ユーロ超え!新規上場の音楽ストリーミングサービス「Spotify」の事業数値まとめ

Spotifyの純損失がバカでかい理由
Spotifyのコスト構造と音楽レーベルの契約方法とは
Spotifyの収益モデル:売上高の内訳は?
財政状態とキャッシュフロー
まとめ

世界最大の音楽ストリーミングサービス提供者として知られる「Spotify」がニューヨーク証券取引所に上場するそうです。

その中で提出された「Form F-1」には、同社の事業情報が詳細に記載されているので、その中から重要な点をピックアップしていきたいと思います。

2018年05月12日 15:39

エンタメ界を牽引する「エイベックス」は音楽市場の縮小を乗り越えられるか?中心事業と成長戦略を整理

現在のエイベックスの事業内容
今後の戦略
財政状態
まとめ

今回は、日本を代表するエンターテイメント企業「エイベックス」についてまとめたいと思います。

会社ホームページ

2018年06月19日 16:33

【必見】UberやFacebook、Spotifyが利用する決済サービス「Adyen」が新規上場!その驚愕の戦略とは

クレジットカードからAlipayまであらゆる決済手段をカバー
過去3年間で決済総額は3倍に増加
財政状態:潤沢な営業キャッシュフロー
巨大グローバルIT企業を中心に利用が拡大

「Adyen」は、オランダの決済サービス企業です。

Pieter van der Does氏とArnout Schuijff氏などによって2006年にアムステルダムで設立されました。

2018年10月09日 12:00

中国市場の75%以上を支配!巨大音楽サービス企業「Tencent Music」がIPO申請

投げ銭の売上が3倍以上に増加
グループ全体の国内シェアは75%以上
グループ統合により原価率が改善
中国の音楽市場は3.5兆円規模に拡大

中国最大の音楽サービス企業「Tencent Music Entertainment」がアメリカ証券取引委員会(SEC)に上場申請書類を提出しました(市場は未指定)。

公式HP

2019年01月28日 07:00

3年で売上7倍!音楽ストリーミングで成長するカカオトーク運営会社「Kakao」

3年で売上7倍!音楽ストリーミングで成長するカカオトーク運営会社「Kakao」
「カカオトーク」の月間ユーザー数はグローバルで5,019万人
2016年に韓国最大の音楽ストリーミング「Melon」運営会社を買収
知的財産やブロックチェーン領域でグローバルでの成功を目指す

今回とりあげるのは、韓国の大手インターネット企業「Kakao」です。

前身は韓国2位のWebポータル「Daum」の運営会社で、会社自体は1995年に始まっています。