アメリカ事業のGMVが69.3%増加!流通総額1,388億円に爆増した「メルカリ」2019年2Q決算
2019年02月07日 20:00

アメリカ事業のGMVが69.3%増加!流通総額1,388億円に爆増した「メルカリ」2019年2Q決算

CtoCマーケットプレイスを展開する「メルカリ」(証券コード: 4385)の2019年2Q決算が発表されました。(2019年2Q決算説明資料

まずはメルカリのGMV(流通総額)から確認していきます。

年末の影響もあってかメルカリのGMVは2Q(10月〜12月)に増加する傾向があり、2019年2QのGMVは1,388億円に爆増。

2019年2QのGMV成長率を見ると49.9%と依然として高い水準をキープしています。

続いて売上を見ていきます。

2019年2Qの売上は132億円(前年比+45%)、営業損失は11億円となっています。

2019年2Qの国内GMVは1,289億円(+48.7%)MAUは1,236万人(+28.2%)

続いてメルカリの国内事業を見ていきます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
決算 メルカリ
2017年11月23日 17:32

フリマアプリやZOZOTOWNとの差別化は?ブランドリユース事業を展開するデファクトスタンダードの戦略

デファクトスタンダードのビジネスモデル
リユース市場全体におけるポジショニング
2017年9月期の取り組み
今後の戦略
おまけ:財務データのビジュアライズ

今回は、オンラインでのブランド品の買い取りと販売を手がけるデファクトスタンダードについて取り上げます。


2004年に設立され、2007年より個人買取事業(リユース事業)を開始。

2018年05月14日 20:23

評価額4,060億円!ついに上場するフリマアプリ「メルカリ」創業経緯と独特のキャッシュフローに注目

メルカリ前史:『楽オク』から『まちつく!』まで
設立から2年で1000万ダウンロードを突破
メルカリの事業KPIをピックアップ
単体の営業利益率は21%
財政状態:類を見ないほどのキャッシュリッチさ
まとめ
参考資料

かねてより上場が噂されていた「メルカリ」が、ついに東証マザーズに新規上場することが発表されました。

E34064:株式会社メルカリ (法人番号)6010701027558 S100CY9H:有価証券届出書(新規公開時)

2018年10月19日 12:00

農業機械の買取が急増!ニッチ商材で成長する「マーケットエンタープライズ」

30種類以上のジャンルで個人向けに買取
新規事業の売上が6倍以上に増加
仕入増加に伴って売上原価率が上昇
ニッチ商材と新規事業で売上20%成長を目指す

今回はWeb上で中古品の買取や販売を行なう「マーケットエンタープライズ」について取り上げたいと思います。

公式HP

2018年11月12日 20:00

株価が1年で3倍以上に!成長率40%に加速した「Etsy」2018年3Q決算

7月から手数料を5%に引き上げたことにより成長が加速
ドイツのハンドメイドEC『DaWanda』を統合し、ヨーロッパにも注力
株価が1年で3倍以上に上昇し、時価総額は62.3億ドルに

世界最大のハンドメイドEC「Etsy」(ティッカーシンボル: ETSY)の2018年3Q決算が発表されました。

2018年3Q決算説明資料

2018年12月18日 07:00

メルカリ創業者も愛用!小売業のお手本のような戦略をおこなう「ワークマン」

メルカリ創業者も愛用!小売業のお手本のような戦略をおこなう「ワークマン」
商品戦略:PB商品売上の割合は32.2%。カジュアル路線で客層を拡大
出店戦略:ほぼ100%がFC店舗。人口の多い地域にドミナント戦略を実施
財政状態:利益剰余金がBSの77%を占める
事業展望:一般客向けの「ワークマンプラス」を2018/9に新規出店

今回は作業着を扱う「ワークマン」(証券コード:7564)についてまとめていきます。

ワークマン