アンチSNS?月間2.5億ユーザーに達した「Pinterest」創業者「ベン・シルバーマン」の考え方
2019年03月09日 12:00

アンチSNS?月間2.5億ユーザーに達した「Pinterest」創業者「ベン・シルバーマン」の考え方

今回とりあげるのは、デカコーン企業「Pinterest」の創業者、ベン・シルバーマンです。

日本でも有名ですが、Pinterest(Pin + Interest)は名前の通り、「自分が興味のある事柄(画像)を集めたピンボード」を作ることができるサービス。

主な利用ケースは「オシャレな部屋のデザイン」「おいしい料理レシピのアイデア」を集めたいといったもので、女性ユーザーが多くなっています。

インテリアデザイナーやグラフィックデザイナーなど、クリエイティブ系の人たちにも人気で、そうした密度の濃いユーザーが2.5億人もいるというわけです。

「欲しいアイデア(=モノの写真)を集める」というサービスの特性から、物販系の広告との相性が良く、すでに年間売上は7億ドル規模で、利益が出ているという噂もあります。


他と比べれば「地味なSNS」でありながら、TwitterやSnapchatに近い規模にまで拡大しているPinterest。

会社の評価額は123億ドルとも言われます。

特徴的なのは、TwitterやFacebook、Instagramなど多くのSNSが「自己顕示欲」をドライバーに拡大してきたのに対し、Pinterestだけが「人間の創造性」というポジティブな側面を頼りに拡大してきたこと。

その創業者であるベン・シルバーマンとは一体どんな考え方をしてきたのか、今回はまとめてみたいと思います。


医者志望だったがイェール大学で政治学を専攻

ベン・シルバーマンは1982年、アメリカのアイオワ州デモインという場所で生まれ育ちました。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
経営者 スタートアップ Pinterest
2018年09月22日 18:00

「2017年最高のCEO」と言われたジャック・ドーシーとは何者なのか(前編)

今回はちょっと趣向を変えて、経営者にフォーカスを当ててみたいと思います。

取り上げるのは、TwitterとSquareという二つのテクノロジー企業でCEOを務めるジャック・ドーシー氏です。