RIZAP関連事業が55億円の大幅減収!営業黒字化も疑念が残る「RIZAP」2019年3Q決算まとめ

RIZAP関連事業が55億円の大幅減収!営業黒字化も疑念が残る「RIZAP」2019年3Q決算まとめ

「結果にコミットする」のフレーズでおなじみの「RIZAPグループ」(証券コード: 2928)が2019年度3Qの決算を発表しました。

M&Aを凍結し、買収先の経営再建に努めていることで注目を集めているRIZAP。

しかし、ここに来て本業のRIZAP事業に異変が起きていたのでその点についても確認していきます。

四半期売上633億円(+73.2%)、営業利益30億円(-3.2%)

まずは今四半期の売上を確認していきます。

今四半期の売上は633億円。 

3Q19単体での営業利益は30億円となっています。 

1Q19、2Q19と続いていた営業損失から黒字化に成功しています。 

たた累計では依然として赤字であり、3Qまでの累計営業損失額はマイナス58億円となっています。


営業利益についてもう少し詳しく見てみます。

この続きを見るには
(3110文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード