巨大すぎてよくわからないゼネラル・エレクトリックについて調べる

私見だが、GE(ゼネラル・エレクトリック・カンパニー)も「名前は知ってるけどよくわからない会社」の一つだ。ともすればGM(ゼネラル・モーターズ)と間違えがちだが、GMは自動車会社なので、かなり違うと思われる。

GEは多国籍コングロマリットなので、多くの子会社で多様な事業を展開しているが、代表的なものは次の通り。

GEキャピタル

金融サービスやリース、不動産ビジネスなどを展開。

GEエイビエーション

ジェットエンジンなど、航空機のための機械システムを扱う。

GEパワー

発電などのエネルギー関連ビジネス

GEヘルスケア

ヘルスケアに関わるテクノロジーソリューションを提供


その他にもオイル&ガス、トランスポーテーション、エナジーコネクションズ、リニューアブルズなど多岐にわたる事業を展開。その名前の通り、「電気に関することならなんでも」やっているコングロマリット企業と理解しておけば良さそう。


GEキャピタルに関するニュースを探ると、2015年に中核事業をウェルス・ファーゴに売却したというような情報が散見される。日本のGEキャピタルも三井住友ファイナンス&リースにリース事業を売却していた。だけど組織としてはまだあるんだな。そうじゃないと会社ページに載せないはずだし。。

しかし、2017年1Qの報告書には「GE Capital exit largely complete」とある(右下の方)。これって売却はほぼ完了しましたってことだよな。よくわからん。

全体の業績。売上高は、「Industrial」が250億ドル、「Verticals」が26億ドルとなっており、全体で277億ドル。「Industrial」の占める割合がかなり大きい。

右半分にはより具体的な売上高の内訳もある。パワーが60億ドル、再生可能エネルギーが20億ドル、オイル&ガスが30億ドル、エイビエーションが68億ドル、ヘルスケアが43億ドル。どれかに大きく依存するということもなく、かなりばらけた売上構成になっている。

パワーセグメントは8億ドル、再生可能エネルギーは1億ドルほどの利益。

エイビエーション(航空エンジンなど)の利益は17億ドル、オイル&ガスは2億ドルほどの利益。

ヘルスケアは6.4億ドル、トランスポーテーションは1.5億ドルほどの利益。


まとめ

ゼネラル・エレクトリックを一言でいうと「電気系なんでもコングロマリット」ということがわかった。社名そのまま。

その中で売上として大きいのは航空エンジンを扱うエイビエーション・セグメント、発電などに関連するパワー・セグメント、そしてヘルスケアセグメントの三つで、どれも四半期売上高40億ドル、利益5億ドルを超えている。

エイビエーション・セグメントの収益性は特に高く、四半期売上68億ドルのうち、16.8億ドルもの利益をあげている。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード