19歳でOYO創業!たった6年でユニコーンを作った「リテッシュ・アルグワル」とは(前編)
2019年03月02日 12:00

19歳でOYO創業!たった6年でユニコーンを作った「リテッシュ・アルグワル」とは(前編)

インドで格安ホテルを運営するOYOが日本に進出してきたことで話題になりました。

OYOは2013年の創業からたった2年で客室数がインド最大手のホテルとなり、ソフトバンクからも出資を受けています。

まずはOYOの評価額から見ていきます。

Slackが70億ドルの評価を受けている一方、OYOはユニコーン企業として50億ドルほどの評価を受けています。

インドには13ものユニコーン企業がありますが、インド中でもOYOは3番目の評価額となっています。

投資家にはソフトバンクの他にアメリカの著名VCセコイア・キャピタルなども名を連ねています。

今回は、急成長を遂げているホテルベンチャー企業「OYO」の創業者についてまとめていきたいと思います。

8歳の頃からプログラミングを勉強、本やGoogleを活用して多くのプログラミング言語を習得

OYOを創業したのはインド出身の起業家『リテッシュ・アガルワル』です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
2019年03月03日 12:00

インドのいびつなホテル市場に着眼!OYOの創業者「リテッシュ・ アルグワル」とは(後編)

インドのいびつなホテル市場に着眼!OYOの創業者「リテッシュ・ アルグワル」とは(後編)

前編の続き)

ピーター・ティールのプログラムに参加した後、インドに帰ることとなったリテッシュですが一体どのようにしてOYOを創業することになったのでしょうか。

インドのホテルの90%が100部屋以下のホテルチェーン→ホテルのフランチャイズ経営を思いつく

2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。