どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)
2019年02月22日 12:00

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(前編)

Stockclipでは日々、様々な企業のIR資料について読み込んでいます。

中国の新規上場企業の目論見書などにも日々、目を通しているわけなのですが、そこに出てくる中国の市場環境についてのデータが非常におもしろい。

そこで今回のエントリを含め3エントリで、中国の近年IPOを行った企業のIRに出てくる夢いっぱいの市場データについてまとめていきます。

モバイルでのネット人口は9.8億人にまで増加、データ通信量は今後6年で9.7倍に

まずは中国を代表するスマホメーカー「Xiaomi」の上場申請書に出てきた「モバイルインターネットのユーザー数の推移から。

(Xiaomi)

中国でのモバイルインターネットの利用者数は2017年時点で7.5億人。 

今後5年でさらに2.3億人増加し、9.8億人にまで到達する見込みです。 

このままいくと10億人突破する日も遠くはなさそうです。 


ちなみに2022年において世界全体でのモバイルインターネットのユーザー数は60.1億人に到達する予想。 

これを踏まえると、モバイルインターネットのユーザー数の6人に1人が中国人になることになります。


同じくXiaomiの上場申請書より今度は地域別のインターネット普及率を確認してみます。

(Xiaomi)

都会でのインターネットの普及率は今後5年で12pt上昇し、82%になる予想。 

ちなみに2017年時点での日本のインターネット普及率が80.9%。 

あと4〜5年で都市部のネット普及率は日本と同程度になる見込みです。


今度は中国で急成長するニュースアプリ「Qutoutiao」の上場申請書より都市別のモバイルインターネットのユーザー数の推移について。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア 業界特集
2019年02月23日 20:00

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(中編)

どんだけ伸びるねん!?中国の新規上場企業による夢いっぱいの市場データ(中編)

さて今回も前編に引き続き、中国の夢いっぱいの市場データについて見ていきます。

今回のエントリでは教育とエンタメ周辺の市場データについて確認していきます。

教育市場は73.4兆円規模に、AIによるオンライン教育の市場規模は5年で46.6倍