稼いでるのはどっちだ!?「早稲田」「慶應」の決算書を比較!

稼いでるのはどっちだ!?「早稲田」「慶應」の決算書を比較!

2019年02月24日 12:00

日本を代表する私学といえば、真っ先に挙がるのが「早稲田」と「慶應」の2校かもしれません。読者の皆さんの中にも馴染み深い方がいらっしゃるのではないでしょうか。

早稲田は1882年、慶應は1858年に設立された伝統校。両校とも一貫教育校を合わせた総学生数は5万人を超え、数多くのキャンパスを有しています。

普段は上場企業をメインにリサーチしていますが、学校法人も決算書をしっかりと開示しています。

何かと比較されることの多い両校ですが、今回のエントリでは早稲田慶應の決算書を比較して「どっちが稼いでいるのか」「どうやって稼いでいるのか」解き明かしていきたいと思います。

早稲田の売上は「ZOZO」と同じくらい、慶應は「サイゼリヤ」よりも稼いでいる

まずは実質的な売上にあたる「事業活動収入」を比較してみましょう。

収入が大きいのは慶應で、18/3期は1,601億円に達しています。一般企業でいえば売上1,500億円規模の「サイゼリヤ」や「ユナイテッドアローズ」よりも稼いでいるということになります。早稲田は1,000億円前後の横ばいで、「ZOZO」と同じくらい。

事業活動支出を差し引いた実質的な営業利益を見てみると、慶應は110億円前後で推移しています。早稲田は16/3期の91億円がピークで、直近2年間は減益。

この続きを見るには
(2336文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

シリコンバレーのさらに奥!無線技術で土壌をつくったスタンフォード大とヒューレットパッカードの始まり

2019年01月06日 20:00

今回はシリコンバレーの歴史をさらに遡り、「谷」の土壌となったスタンフォード大学とヒューレットパッカードの発祥についてまとめてみたいと思います。

「シリコンバレー」の始まりはショックレー研究所からですが、その前からすでに「ラジオバレー」とも言うべき土壌が存在しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード