売上成長・営業利益ともV字回復!直営売上比率が25.4%に上昇した「スノーピーク」2018年決算
2019年02月27日 07:00

売上成長・営業利益ともV字回復!直営売上比率が25.4%に上昇した「スノーピーク」2018年決算

今回は日本を代表するアウトドアブランド「スノーピーク」(証券コード:7816)2018年決算をチェックします。

決算説明資料

通期売上120.7億円(+21.8%)、営業利益9.3億円(営業利益率7.7%)

スノーピークは昨年で60周年を迎えた老舗ブランドです。

沿革

創業者の登山家・山井幸雄氏が「欲しいものは自分で作る」と金物問屋が立ち上げたのが始まり。

1976年に「スノーピーク」へ社名を変更し、息子の太氏がキャンプ用品の開発に乗り出し、日本のキャンプブームの火付け役となりました。

2018年の売上は120.7億円で、ここ2年停滞していた売上成長率は21.8%に再加速しています。

また、今期は赤字から脱却して営業利益9.3億円を稼ぎ出しています。

売上成長率、営業利益率の推移を見てみると、2018年はスノーピークにとって復活の1年であったことがわかります。

アウトドア製品の売上が100億円突破、ビギナー向け製品の売上が3倍に

復調の要因がどこにあるのか、製品別の業績をチェックしてみたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
最新決算 スノーピーク
2018年12月11日 07:00

D2Cへの移行で売上47.5%増!防寒用高級アパレルを製造・販売する「Canada Goose」

D2Cへの移行で売上47.5%増!防寒用高級アパレルを製造・販売する「Canada Goose」

今回は防寒用高級アパレルを製造する「Canada Goose」(ティッカーシンボル:GOOS)についてまとめていきます。

カナダグースは移民であるサムティック氏によって、1957年にトロントで設立されます。

創業者であるサムティック氏はカナダの厳しい寒さを凌げる服を作る必要性に強く駆られていました。

2018年06月21日 09:59

親会社ケリングからの独立が決定!今なお成長を続けるドイツのスポーツアパレル企業「プーマ」

今回は、ドイツを本拠地とする世界的スポーツブランド「プーマ」についてご紹介します。

プーマは、ルドルフとアドルフのダスラー兄弟が1924年にドイツに創立した製靴工場を前身とし、1948年に兄ルドルフ・ダスラーによって創業されました。