アジアへの出店スピードが加速!通期売上4.6億ドルになった「Shake Shack」2018年本決算
2019年02月28日 07:00

アジアへの出店スピードが加速!通期売上4.6億ドルになった「Shake Shack」2018年本決算

今回は大人気ハンバーガーショップ「Shake Shack」の2018年通期決算について見ていきたいと思います。(決算資料説明書

2018年の売上は4.6億ドル(+29%)、営業利益は3,171万ドル(営業利益率:7%)

まずは売上推移から見ていきます。

売上の推移を見てみると、2018年の売上は4.6億ドル。

営業利益は3,171万ドルと営業利益率は7%ほどとなっています。

売上成長率の推移を見てみると、2015年から成長率が徐々に鈍化。

2018年には29%まで落ち着いています。

それではShake Shackの成長要因を探っていきたいと思います。

アメリカ国内の直営店売上4.46億ドル(全体の97%)、日本・韓国・香港の店舗数が19店舗に

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
最新決算 Shake Shack, Inc.
2019年01月25日 20:00

luckin coffee台頭の影響は?中国市場中心で見る「Starbucks」1Q19決算

luckin coffee台頭の影響は?中国市場中心で見る「Starbucks」1Q19決算

本日、Starbucks Coffeeの2019年9月期1Qの決算が発表されました。

ところで近頃、luckin coffeeの急成長で中国のコーヒーショップ市場に注目が集まっています。

そこで、スタバの中国での業績について、最新決算の内容を折り込みつつ、確認していきます。

2017年12月01日 10:30

公園内のホットドッグ屋台からはじまり、日本にも進出した高級ハンバーガー店シェイク・シャックとは

今回は、日本でも店舗展開を始めた高級ハンバーガーチェーン「Shake Shack」について調べます。

はじまりは2001年、ニューヨークのマディソン・スクエア・パークでホットドッグの出店を始めたときにさかのぼります。当初から人気は大きく、ファンが行列を作っていたと言います。