インドのいびつなホテル市場に着眼!OYOの創業者「リテッシュ・ アルグワル」とは(後編)
2019年03月03日 12:00

インドのいびつなホテル市場に着眼!OYOの創業者「リテッシュ・ アルグワル」とは(後編)

前編の続き)

ピーター・ティールのプログラムに参加した後、インドに帰ることとなったリテッシュですが一体どのようにしてOYOを創業することになったのでしょうか。

インドのホテルの90%が100部屋以下のホテルチェーン→ホテルのフランチャイズ経営を思いつく

リテッシュはThiel Fellowshipを終えてインドに帰ることになります。

彼は以前インドで宿泊系スタートアップをやっていた時の人脈を活用して、インドに帰ってから100日間毎日違う宿に宿泊することに。

毎日様々なホテルに泊まる中で、リテッシュはもっと効率的にホテルを運営できるのではないかと考え始めます。

さらにインドにあるホテルの90%が100部屋以下しか保有していないホテルチェーンだったことが判明。(つまり小規模のホテルチェーンが乱立していた)

自身の経験やインドホテル市場のいびつさから、インドでホテルのフランチャイズ経営をするのは面白いのではないかと思うようになります。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
経営者 スタートアップ Oyo Rooms
2019年01月28日 12:00

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

2024年には世界最大の人口を抱える「インド」のユニコーン企業14社まとめ(前編)

今回は、インドのユニコーン企業について改めて整理してみたいと思います。

(ユニコーン:評価額10億ドルを超えた未上場企業の通称)

インドは米国、中国に続き3番目に多くのユニコーン企業を有しており、2019年1月時点では14社が含まれています。