東京の土地取引はバブル期の半分にまで減少!「不動産業界」統計データまとめ:その②不動産流通

東京の土地取引はバブル期の半分にまで減少!「不動産業界」統計データまとめ:その②不動産流通

2019年03月06日 07:00

(①「不動産開発」編のつづき)

国内市場が40兆円規模と、とてつもなく大きな不動産市場。シリーズ第2編は「不動産流通」です。

不動産開発は物件を「作り出す」というものでしたが、不動産流通では文字通り「物件の流通(やりとり)」がテーマです。

まずはバブル期以来の土地取引件数の推移を見てみましょう。

全体の土地取引数は1989年度には226万件ありましたが、2011年度には114万件に半減。

その後、2017年度には132万件と少し回復しています。

バブル期には226万件中65%が東京でしたが、2017年度には53%程度にまで低下。それでも土地取引の半分以上が東京圏です。

大阪圏は年間30万件から40万件の間で安定して推移していますね。

今のところ、大きく変わったのは東京だけのようにも見えます。

土地の「売却」「購入」主体の変化:個人が法人へ土地を売却する流れ?

これらの取引を行なっているのは誰なのか?を紐解くと、興味深い事実が浮かび上がってきます。

この続きを見るには
(2297文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
業界特集
Luem5xk6vq64zsoyc2wxpg

サイト訪問者数は1,600万人!オーナーと不動産会社をつなぐ「リビン・テクノロジーズ」が新規上場

2019年05月28日 12:00

不動産オーナーを不動産会社のマッチングサイト「リビンマッチ」を運営する「リビン・テクノロジーズ」(証券コード:4445)が東証マザーズに新規上場しました。

Mlziobr i52h8vbcouv3aq

7期連続で売上が増加! 近畿圏に特化して自社分譲マンションを販売する「日本エスリード」

2019年05月09日 12:00

今回はマンションの販売を手がける「日本エスリード」(証券コード:8877)について見ていきます。売上が年々伸びている不動産業系で注目すべき企業です。

Pghsjsvg2tyjjqiohztbig

市場規模40兆円!自動車・建設・医療についで大きい「不動産業界」統計データまとめ:その①不動産開発

2019年03月04日 08:30

人口密度の高い日本において、経済発展とともに大きくなったのが不動産業界です。