増収率61.4%に加速!年間GPVが800億ドル突破の「Square」2018年本決算
2019年03月04日 20:00

増収率61.4%に加速!年間GPVが800億ドル突破の「Square」2018年本決算

先日、決済ソリューションサービスを提供する「Square」の2018年度通期決算が発表されました。 

というわけで今回はその決算内容についてまとめていこうと思います。 

通期総売上は33.0億ドル(+49.0%)、調整後の売上は15.9億ドル(+61.4%)

それではさっそく、今回の決算内容について確認していきます。 

まずは業績の推移から。

(Square From-10K)

今期の総売上は33.0億ドルで、前年から10.9億ドル増加しています。 

今期黒字化するかと思われた営業利益ですが、蓋を開けてみると、マイナス0.4億ドル。 

今期は結果的に赤字でしたが、改善傾向は続いており、着実に黒字化へと進んでいると言えます。


調整後の売上推移についても確認してみます。 

Squareでは総売上とともに調整後売上というものを発表しています。 

これは総売上から決済の取引ベースコストとビットコインコストを差し引いて求められる売上です。 

調整後の売上も順調に増加しており、今期は15.9億ドルとなっています。

2つの売上についてそれぞれ成長率を確認すると、ともに今期加速していることが分かります。

決済売上が28.6%増加、GPVは847億ドル(+29.7%)

続いて、セグメント別売上について確認してみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
最新決算 Square, Inc.
2019年02月16日 12:00

20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」

20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」

今回は、決済サービスを提供するユニコーン企業「Stripe」の創業者、コリソン兄弟にフォーカスをあててみたいと思います。

一般にはあまり馴染みがないかもしれませんが、オンライン決済を導入する開発者にとってデファクトスタンダードのようになっているのが「Stripe」というサービスです。

有名どころではUberやSpotify、Pinterest、FacebookやAmazonなども(一部)利用していますが、何より「圧倒的な導入ハードルの低さ」により、スタートアップ企業からの人気が高いのが特徴です。