2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

2018年の取扱高は80億ドル!ついに公開された配車サービス「Lyft」の上場申請書類をチェック

2019年03月03日 20:00

先週の金曜日、アメリカの配車サービス「Lyft」の上場申請書類がついに公開されました。

前身となったのは2007年に創業されたライドシェアリングサービス「Zimride」で、2012年にオンデマンド配車アプリ「Lyft」をスタート。

2010年にサービス開始した「Uber」からは少し遅れてのスタートでしたが、アメリカとカナダで大きく成長。

累計10億回以上の乗客を乗せてきたそうです。

業績をみると、2018年の売上は21.6億ドルに拡大。

営業損失は9.8億ドルと大きいものの、ものすごい勢いで成長してきたことが分かります。

この続きを見るには
(2868文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
IPO 欧米 Lyft
Xwkkpjsdkhv37cmnza9b0q

営業利益305%増加!「楽天」2019年12月期1Q決算

2019年05月10日 19:00

楽天市場や楽天モバイルなどのサービスを展開する「楽天」(証券コード:4755)が決算を発表しました。

Y5ohzx50ssyzjdgtoubyfa

上場後初となる決算で11.6億ドルの営業損失を計上した「Lyft」2019年1Q決算

2019年05月08日 09:45

先日、ナスダックに上場したライドシェアサービス「Lyft」(ティッカーシンボル:LYFT)が上場後初となる決算を発表しました。

Dgwv vcsjp0dkqeos b0uq

【速報】年間取扱高5.6兆円!世界中が注目する「Uber」上場申請書類を公開

2019年04月12日 16:15

世界最大級の未上場企業「Uber」がついに上場申請書類を公開しました。