インド最大のOTA企業!積極的なマーケティング戦略で売上111%増加の「MakeMyTrip」
2019年03月08日 07:00

インド最大のOTA企業!積極的なマーケティング戦略で売上111%増加の「MakeMyTrip」

今回はインド最大のOTA企業「MakeMyTrip」についてまとめていきます。 

インドのオンライン旅行市場でシェア率63%、通期総売上は6.8億ドル

まずはこちらのスライドをご確認してください。

MakeMyTrip投資家向け資料

MakeMyTripはインドのオンライン旅行市場においてシェア率63%を誇っています。 

純粋想起率でもMakeMyTripの運営するサイトが上位を独占。

(純粋想起とはある業界やサービスについて聞かれたときにまず思い出す企業やブランドのこと)


MakeMyTripの歴史についても簡単に確認しておきます。

MakeMyTripの創業は2000年。 

現在のCEOであるDeep Kalra氏によって設立されます。 

Kalra氏は現在、インドのモバイルインターネット協会の副会長でもあります。 

また、2012年にはKPMGによってインドで最も影響力のあるデジタルインフルエンサーにも選出されており、現在、インドのIT業界で注目を浴びている経営者です。 

MakeMyTrip自体は2010年8月にNASDAQへの上場を果たしています。

 

業績の推移について確認してみます。

直近の総売上は6.8億ドル、営業損失はマイナス2.2億ドルとなっています。 

売上が伸びている一方、営業損失学は拡大傾向にあります。


また、MakeMyTripではこれとは別に調整後売上という指標についても発表しています。

ここでの調整後売上とは総売上から仕入れコストを差し引いたものを指します。 

仕入れコストにはホテル料金やパッケージに含まれる観光地の入場費用や交通費などが含まれます。 

調整後の売上もまた増加傾向にあり、今期は5.8億ドルとなっています。 

2つの売上についてそれぞれ成長率を確認すると、ともに今期加速していることが分かります。 

特に調整後でみた売上成長率は110.9%になっています。

ホテル・パッケージ売上が3.1億ドル(+123.5%)、ホテル・パッケージの取扱高は13.9億ドル

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
中国・アジア MakeMyTrip Limited