分譲マンションの52%が築20年以上!「空き家」も増えていく不動産業界まとめ③不動産賃貸・管理

分譲マンションの52%が築20年以上!「空き家」も増えていく不動産業界まとめ③不動産賃貸・管理

2019年03月10日 20:00

②「不動産流通」の続き)

今回のエントリでは、不動産業界の中でも「賃貸」「管理」のテーマについて、統計データをいくつかご紹介していきたいと思います。

まず確認したいのは、そもそも日本に「住宅」がいくつあるかという点です。

全住宅ストック(国内で建築されている既存の住宅)は1948年から2013年までほぼ一貫して増え続け、6,063万戸に到達。

そしてそれ以上に、「空き家」が増加しています。

1968年の空き家率はわずか4%。住宅の96%には誰かしら住んでいたわけですが、2013年には空き家率が13.5%にまで拡大。

空き家だけで820万戸もあるわけですから、ものすごい数です。

820万戸のうち、52.4%にあたる430万戸が「賃貸用」、3.8%にあたる30.8万戸が「売却用」の住宅。

別荘地などの「二次的住宅」が41万戸で全体の5%を占め、残り39%が一戸建てや共同住宅となっています。

この続きを見るには
(2144文字 画像9枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
ドンキとの取引が94%⁉︎上場廃止の危機から復活した日本アセットマーケティング

ドンキとの取引が94%⁉︎上場廃止の危機から復活した日本アセットマーケティング

今回は「日本アセットマーケティング」(証券コード:8922)を紹介したいと思います。(2018年度有価証券報告書)

日本アセットマーケティング(以下、JAM)は2012年、上場廃止に関する猶予期間に入りながらも、現在は復活を遂げている波乱万丈な歴史の会社です。まずはその歴史から見ていきましょう。