2018年03月25日 14:18

スーパーマーケットからディスカウント店まで!アメリカの主要な小売チェーン17社の売上を比較

今回は、アメリカの大手小売チェーンの売上についてまとめてみたいと思います。

一口に小売と言っても、デパートやディスカウントストア、飲食チェーンなど幅広いジャンルがあります。

今回は、飲食チェーンは除き、生活品の小売チェーンについてまとめます。スーパーとかですね。

まずは早速、プレイヤーを整理しましょう。今回は、以下の17社を集めてみました。

① スーパーマーケット

ウォルマート、コストコ、クローガー、ターゲット、シアーズ、ホールフーズ・マーケット

② 薬局系小売チェーン

CVSヘルス、ウォルグリーンズ

③ ディスカウント店

TJXカンパニーズ、ダラージェネラル、ダラーツリー、ロスストアズ

④ 専門店(ホームセンター、家電量販店)

ホームデポ、ロウズ・カンパニーズ、ベストバイ、ベッドバス&ビヨンド

⑤ デパート・百貨店

メイシーズ


それでは、今までに集めた売上データを元に、それぞれのカテゴリーが拡大しているのか、それとも横ばいなのかをグラフで見ていきましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
業界特集
2018年05月03日 11:54

1758年創業の「岡田屋」が発祥!業績拡大もFCFはマイナス、借入金を増やし続けるイオングループ

イオンの歴史 
イオンの事業内容
事業ごとの店舗数・店舗あたりの平均収益
財政状態
イオングループの中期経営計画

今回は、日本の小売業の中で最大手の地位に君臨する「イオングループ」についてまとめてみたいと思います。

参考

2018年11月27日 12:00

本から服まで全ての商品が5ドル以下!アメリカのディスカウントショップ「Five Below」

フィラデルフィアやデトロイトで抜群の知名度。売上高は12.8億ドル(+27.7%)、営業利益1.6億ドル(営業利益率: 12.3%)
バランスボールからヘッドホン、Tシャツまであらゆるものが5ドル以下
2017年末時点で625店舗を展開。新規出店のペースが加速
フリーキャッシュフローが右肩上がりに増加。現在の時価総額は63.4億ドル
2020年の売上目標は20億ドル。将来的には2,500店舗を目指す

今回は、アメリカの10代向けディスカウントショップ「Five Below」(ティッカーシンボル:FIVE)についてまとめていきたいと思います。

Five belowはFive(5)Below(以下)という社名の通り、5ドル以下の商品しか販売していません。

2018年12月07日 07:00

ユニー子会社化を発表!居抜き出店戦略からテナント出店へと舵を切る「ドンキホーテ」

ユニー子会社化を発表!居抜き出店戦略からテナント出店へと舵を切る「ドンキホーテ」
『NewMEGAドンキホーテ』を中心に店舗拡大(2018/6期の店舗数は418店舗)
居抜き出店により店舗数を拡大。2018年の新規出店のうち80%が居抜き
財政状態:営業キャッシュフローが安定的にプラス(2018/6期は460億円)
従来の居抜き出店ではなくテナント出店により2020年500店舗を目指す
食品の売上増加が目的でユニー買収か(買い付け予定金額は2,119億円) 

今回は、競争激しい小売業界で成長を続ける「ドンキホーテ」についてまとめていきます。