海外売上が60%以上!ユーザーのデータを勝手に送信?「トレンドマイクロ」2018年本決算

海外売上が60%以上!ユーザーのデータを勝手に送信?「トレンドマイクロ」2018年本決算

今回は「トレンドマイクロ」(証券コード:4704)の2018年度本決算について取り上げたいと思います。

トレンドマイクロは2018年9月、iOSアプリがApp Storeから削除され話題となった

トレンドマイクロは最近、2018年9月に自社製アプリが中国のサーバへ無断でユーザーのデータを送信していたとして、Mac向けおよびiPhone向けのAppStoreから削除されたニュースが話題になりました。

2018年11月には公開再開されていたようですが、以来動向が気になる企業の一つです。

創業はアメリカ・ロサンゼルス、2000年に東証一部上場

トレンドマイクロ株式会社は、1988年台湾出身のスティーブン・チャン氏のもとアメリカはロサンゼルスで創業されました。その後本社は台湾を一度経て、1989年に日本へその籍を移しています。2000年に東証一部に上場し、2007年に1999年に上場していたNASDAQでの株式公開を廃止しました。

セキュリティソフト「ウイルスバスター」でおなじみ

ヒット商品の「ウイルスバスター」は、デジタルデバイスのウイルス感染を予防・回復するウイルス対策ソフトウェアです。1991年に最初に販売を開始し、全国の量販店のPOSデータにもとづいてその売上高の多さを表彰するBCN Awardにおいて、2009年から2018年までシェア1位を獲得しています。

この続きを見るには
(1648文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

年間1.8億件の被害をもたらすランサムウェアに対抗!電子メールの安全化SaaS「Mimecast」

2018年07月02日 20:00

米ヤフーユーザー30億人分の情報流出、GMOの顧客情報流出、仮想通貨取引所への相次ぐハッキング。

皆さんもこれらの事件は記憶に新しいのではないでしょうか。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード