客室稼働率はなんと100%超え!海に浮かぶ楽園「ロイヤル・カリビアン・クルーズ」
2019年03月12日 20:00

客室稼働率はなんと100%超え!海に浮かぶ楽園「ロイヤル・カリビアン・クルーズ」

今回は世界中で豪華客船を運営する『ロイヤル・カリビアン・クルーズ』(NYSE:RCL)についてまとめていきたいと思います。(決算資料

ロイヤル・カリビアン・クルーズは1968年にノルウェーの船舶会社3社によって共同創業されました。

1993年にはニューヨーク証券取引所に上場。

2016年12月時点でおよそ25隻の船舶を所有しています。

アラブ・アラスカ・ヨーロッパなどに長期就航する他、シンガポールや香港を拠点に3泊ほどのショートクルーズも展開しています。

それでは売上を見ていきましょう。

2018年の通期売上は95億ドルと前年と比較して8%ほどの増収となっています。

営業利益は19億ドルで営業利益率は20%ほど。

営業利益率の推移を見てみると2012年から上昇し、2017年あたりから20%をキープしていることが分かります。

売上成長率の推移を見てみると2017年まで3%前後だった売上成長率が2018年には8%にまで加速しています。

乗客定員は5,400人、船内ではアイススケートやカジノも楽しめる

ロイヤル・カリビアンは多くの船舶を運営しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
旅行 欧米 Royal Caribbean Cruises Ltd.
2019年02月27日 20:00

海外旅行の取扱高が大きいのはどこ?観光庁のデータから主要旅行業者の取扱高を比べてわかった真実とは

海外旅行の取扱高が大きいのはどこ?観光庁のデータから主要旅行業者の取扱高を比べてわかった真実とは

交通手段が発達した現代、まとまった休みが取れたら多くの人が行くのが「旅行」です。

近年はインターネット取引も発達し、オンラインで旅行(航空券や宿泊)を予約する「OTA(オンライン旅行代理店)」が急速に成長しています。

参考:Eコマース市場まとめ

2018年03月25日 11:33

HIS創業者の長男が創業!クルーズ旅行専門のオンライン旅行会社「ベストワンドットコム」が新規上場

昨日に引き続き、国内の新規上場銘柄である「ベストワンドットコム」についてまとめたいと思います。

ベストワンドットコムは、クルーズ旅行専門のオンライン旅行会社としてクルーズ旅行の販売サイト「ベストワンクルーズ」、ハネムーン顧客を対象とした「フネムーン」、高級船を専門に取り扱う「ファイブスタークルーズ」を運営する企業。