物流マッチングで成長する「トランコム」ドライバー不足を追い風に収益性拡大

物流マッチングで成長する「トランコム」ドライバー不足を追い風に収益性拡大

2020年01月28日 18:00

今回取り上げるのは、物流マッチングサービスを手がける「トランコム」という会社です。

1月27日発表の決算では、3Q累計の売上高が1,239億円(前年比+8.8%)、営業利益が61億円(同+17.1%)もの拡大。堅調な売上成長と、それを上回る増益率となりました。

物流業界ではトラックドライバー不足が深刻化していますが、そんな中で利益率向上を実現させているトランコム。もともとは1952年創業の「愛知小型運輸」がルーツ。運送会社でありながら多角化に成功、今に至るまで成長を続けています。

今回は、トランコムが展開するユニークなビジネスモデルと直近の状況、今後について整理したいと思います。

輸送マッチングサービスが堅調

この続きを見るには
(2001文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード