ドイツのロケット・インターネット発!NYSEに上場申請したアフリカの大手EC「JUMIA」

ドイツのロケット・インターネット発!NYSEに上場申請したアフリカの大手EC「JUMIA」

2019年03月14日 20:00

ドイツのインキュベーター、ロケット・インターネット発である「JUMIA」の上場申請書類が公開された。アフリカの大手Eコマース企業となったJUMIAが、現時点でどのような成長をとげているのか確認したい。

四半期GMVは392億円(前年+57%)

JUMIAはアフリカの大手ECショッピングモール。創業は2012年で、当初の社名は「アフリカ・インターネット・ホールディング(Africa Internet Holding GmbH:ドイツ法人)」だった。

2018年末に「JUMIAテクノロジーズ(Jumia Technologies AG)」へと社名を変更したが、現在も本社所在地はドイツに設定している。

Eコマース企業として、JUMIAが扱っている領域はとても広い。電化製品から靴、食料品、データ通信、航空チケット、ホテル、フードデリバリーなど、あらゆる商材を扱うプラットフォームだ。

この続きを見るには
(3109文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。