起業家として異例のホテル管理学部出身!?Lyftの誕生ストーリー(前編)

起業家として異例のホテル管理学部出身!?Lyftの誕生ストーリー(前編)

2019年03月23日 12:00

先日ライドシェアリングサービスを運営するLyftがナスダックに上場申請書を提出しました。そのLyftを創業したのがジョン・ジマー(John Zimmer)とローガン・グリーン(Logan Green)の2人です。

ライドシェアという概念自体普及していなかった時代にLyftというサービスがどのように成長したのかを共同創業者の1人ジョン・ジマーを中心に見ていきたいと思います。

Hyattホテルでアルバイトを始める

ジョンはコネチカット州のグリーンウィッチというところに生まれました。

幼い頃はサッカーに夢中になり、高校時代にはキャプテンを勤めるほどでした。人を喜ばせることが好きだったジョンの将来の夢はなんとマジシャン。どうやらサッカー選手になることが夢というわけではなかったようです。そんな高校生のジョンが初めて働いたところがHyattホテルです。

この続きを見るには
(2231文字 画像5枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

「Uber」2019年2Q決算:「Lyft」との熾烈なシェア獲得合戦の現状は?

世界各地でライドシェアを展開する「Uber」が2019年2Q決算を発表。競合「Lfyt」の事業数値とも比較しながら最新の状況を整理していきます。

さっそくUberでの配車やUber Eatsなどを含めた総取扱高(世界全体)を確認します。