中国最大の音楽ストリーミングサービス「Tencent Music」IPO後初の決算を発表

中国最大の音楽ストリーミングサービス「Tencent Music」IPO後初の決算を発表

昨年年末に米国でIPOを果たした中国最大の音楽ストリーミング会社「Tencent Music Entertainment」が2018年12月期の通期決算を発表しました。

中国最大の音楽サービス企業「Tencent Music」

「Tencent Music Entertainment」は2016年にテンセントの子会社として設立されました。音楽ストリーミング・オンラインカラオケ・ライブストリーミングサービスを中国で展開し、月間アクティブユーザは8億人を超えます。そして2018年12月にニューヨーク証券取引所に上場しました。

売上は3,140億円(+73%)、営業利益は337億円(+28%)

全体の業績を見ていきます。

2018年の売上は189.9億元(約3,140億円)

今期の売上は189.9億元(3,140億円)と、前年比72.9%の増収です。営業利益は20.4億元(337億円)で、前年比28.0%の増益を達成しています。

4Q18は営業損失を計上

一方、四半期ごとの業績推移をみると、今4Qは営業損失9.7億円を計上しています。理由としては、「ワーナーミュージック」と「ソニーミュージック」とのライセンス契約による株式交換に伴い、15.2億元にも及ぶ一時的な会計費用が発生したからです。

営業利益率は10.7%で、赤字のSpotifyよりも高収益

今期の営業利益率は10.7%です。Spotifyがいまだに通期で営業赤字な一方、「Tencent Music」は通期で安定的に利益を出しているのが特徴です。一体どのように利益をあげているのでしょうか?その原因を探るべく、事業の詳細を見ていきましょう。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・音楽ストリーミング事業と〇〇事業を展開
・〇〇事業が売上の7割に貢献
・〇〇事業のARPPUは〇〇円で収益性が高い
・音楽ストリーミングのMAUは○○億人で、Spotifyの○○倍に及ぶ
・音楽ストリーミング事業の国内シェア率は○○%

この続きを見るには
(2283文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上成長率39.4%!「Tencent Music Entertainment」2019年1Q決算

売上成長率39.4%!「Tencent Music Entertainment」2019年1Q決算

中国最大の音楽ストリーミングサービスを展開する「Tencent Music Entertainment」(ティッカーシンボル:TME)が決算を発表しました。

配信サービスの契約者数は3年で3倍「USEN-NEXT HD」2019年2Q決算

配信サービスの契約者数は3年で3倍「USEN-NEXT HD」2019年2Q決算

株式会社「USEN-NEXT HOLDINGS」(証券コード:9418)の2019年8月期2Q最新決算が発表されました。

有料会員が1億人超え!  「Spotify」 2019年1Q決算

有料会員が1億人超え! 「Spotify」 2019年1Q決算

世界最大級の音楽サービス企業「Spotify」(ティッカーシンボル:SPOT)が2019年1Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード