投資ファンドを作った不動産会社!売上平均成長率73%のディア・ライフ

投資ファンドを作った不動産会社!売上平均成長率73%のディア・ライフ

今回はディア・ライフ(証券コード:3245)について見ていきたいと思います。 

不動産の販売から人材派遣まで行なう「ディア・ライフ」ディア・ライフは不動産の販売からスタートしました。その後不動産関連の派遣事業や、レンタル収納スペースの提供などを行なってきました。

2018年度の売上は207.6億円ディアライフの2018年度の売上207.6億円(前年比:+25.9%)で営業利益は28.6億円(+38.1%)です。 4年間の売上平均成長率(CAGR)は73.3%と非常に高くなっています。

この高成長を支えているのは何なのでしょうか?

ここから先は有料コンテンツとなります。ご登録いただくと、次のような内容をお読みいただけます。

この続きを見るには
(1689文字 画像12枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
ドンキとの取引が94%⁉︎上場廃止の危機から復活した日本アセットマーケティング

ドンキとの取引が94%⁉︎上場廃止の危機から復活した日本アセットマーケティング

今回は「日本アセットマーケティング」(証券コード:8922)を紹介したいと思います。(2018年度有価証券報告書)

日本アセットマーケティング(以下、JAM)は2012年、上場廃止に関する猶予期間に入りながらも、現在は復活を遂げている波乱万丈な歴史の会社です。まずはその歴史から見ていきましょう。

経常利益率47%!投資に特化した不動産ポータルサイト「楽待」を運営するファーストロジック

2018年05月29日 09:21

今回は、投資用不動産マッチングサイト「楽待」を手がけるファーストロジックについて改めてまとめたいと思います。