スマホによるディスラプト!?デジカメ市場を牽引してきた「キヤノン」「ニコン」

スマホによるディスラプト!?デジカメ市場を牽引してきた「キヤノン」「ニコン」

2019年03月31日 20:00

日本企業が世界シェアを支配している業界といえば「デジタルカメラ」です。

日本企業が支配する「デジカメ市場」


日本経済新聞の推計ではシェアトップの「キヤノン」が43.4%、続く「ニコン」が25.7%で世界の2大巨塔となっています。3位「ソニー」20.0%、4位「富士フイルム」は4.4%で、日本企業がデジカメ市場全体の93.5%を占有しています。

日本企業が圧倒的な市場ポジションを確立する一方、デジカメ市場自体は縮小の一途をたどっています。

デジカメの世界出荷台数はピーク時の1.2億台から2,000万台以下まで減少

カメラ映像機器工業会」の統計によれば、ピーク時に1.2億台まで増加したデジカメ出荷台数は2018年に2,000万台を割ってしまいました。レンズ一体型とデジタル一眼の比率は1:1程度となっています。

デジカメ苦戦の要因として考えられるのが、「スマートフォン」の爆発的な普及です。

スマートフォンの爆発的な普及が影響していると考えられる

ガートナーの調査ではここ10年で販売台数が10倍以上に増加し、2018年は15.5億台に達しています。最近では3眼カメラといった高機能製品も登場しており、デジカメがなくても簡単に高画質な写真を撮れるようになってきています。

トップ2社「キヤノン」「ニコン」の業績がどうなっているのか、直近10年間の売上を追いかけてみましょう。

キヤノンの売上は4兆円、ニコンは7,200億円

キヤノンの売上は3兆9,500億円、ニコンは7,200億円で、両社とも前年から減収となっています。ニコンは2013年から売上規模が30%近く減少してしまっています。

キヤノンの営業利益率は8.7%、ニコンは7.8%に上昇

営業利益に目を移すと、売上とは反対に両者とも2018年度は増益となっています。デジカメ業界を牽引してきた彼らにどのような変化が起きているのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・カメラ事業の売上比率はキヤノン○○%、ニコン○○%
・キヤノンは〇〇、ニコンは〇〇事業で利益を稼ぐ
・海外売上比率が高いのは〇〇
・バランスシートにも表れる特性の違い
・両社とも同時期に〇〇事業へ本格参入

この続きを見るには
(2888文字 画像27枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
この記事に関するキーワード
国内 業界特集 ニコン キヤノン
Ynzv nrodm19jkiml0vatq

TSUTAYA親会社が買収! カメラ販売店舗の53%を占める 「カメラのキタムラ」

2019年06月20日 20:00

TSUTAYAの親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ (CCC)はカメラ業界にも関わりがあります。

5na xw0u2wx7iermppxpca

ミラーレスで高シェア!金額シェア1位の「ソニー」

2019年06月18日 20:00

カメラ業界第6弾となる今回は、言わずと知れた大企業「ソニー」(証券コード : 6758)を扱います。ソニーはカメラ業界の中でも、特定の分野で強い企業なんです。

9srvnd7t ddcubivw27 mw

あの戦艦大和の兵器を製造!軍需産業からカメラへ「ニコン」

2019年06月16日 20:00

カメラ業界第5弾として「ニコン」(証券コード : 7731)を紹介します。カメラメーカーとしてはよく知られた同社ですが、その実態はカメラだけにとどまりません。

Wy2omlbm9f3af0csr0kdvg

『右手にカメラ、左手に事務機』キヤノンの獲った2つの天下とM&A戦略の新展開!

2019年06月12日 20:00

カメラ業界第4弾の今回は、「キヤノン」(証券コード:7751)を取り扱います。