職業適性テストの販売で営業利益率42.9%の「日本エス・エイチ・エル」

職業適性テストの販売で営業利益率42.9%の「日本エス・エイチ・エル」

今回ご紹介する企業は営業利益率42.9%を誇る「日本エス・エイチ・エル」です。

営業利益率は40%台前半を推移

企業の採用活動を影で支える「日本SHL」

(日本エス・エイチ・エル 沿革)

日本エス・エイチ・エルは1987年に英国企業「Saville & Holdsworth Ltd.(現 SHL(UK)Limited.)」と「株式会社文化放送ブレーン」の折半出資によって設立された企業です。翌年から新卒採用のための総合適正テストの販売を開始。2001年、現在のJASDAQ市場への上場を果たしています。

日本エス・エイチ・エルの業績推移

2018年度の通期売上は27億円、営業利益は12億円となっています。

日本エス・エイチ・エルの営業利益率の推移

営業利益率は2011年以降、40%台前半を推移。 とてつもない営業利益率を維持している日本エス・エイチ・エルですが、いったいどんな事業を展開しているのでしょうか?


ここから先は有料コンテンツとなります。ご登録いただくと、次のような内容をお読みいただけます。

・代理店販売政策の結果◯◯に売上の43.6%を依存
・直販での取引社数は◯◯社
・内定者の質に不満を持つ企業は◯割
・◯◯に売上が集中

この続きを見るには
(2094文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
HR事業が15%増収!「リクルートHD」2019年3月期本決算

HR事業が15%増収!「リクルートHD」2019年3月期本決算

リクナビやタウンワークを運営し、人材関連事業をメインに展開する「リクルートHD」(証券コード:6098)が決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード