売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

売上成長率68%!GABA生みの親「ファーマフーズ」

ファーマフーズ」(証券コード:2929)は「医薬」(Pharmaceuticals)と「食」(Foods)を掛け合わせた言葉で、健康維持と生活の質(Quality of Life)の向上に役立つ機能を明確に持つ食品素材を創造する会社です。

機能性食品素材の開発を目的に設立された「ファーマフーズ」

(決算説明資料)

1997年に機能性食品素材の開発・販売を目的として京都に「株式会社ファーマフーズ研究所」を設立。2006年には東証マザーズに上場します。2012年には以後の中核事業となる通信販売事業を開始。2014年に通信販売事業「タマゴ基地」の自社コールセンターを福岡に開設。2016年9月には化粧品メーカーの「フューチャーズラボ」を買収しました。同年12月には東証2部に上場市場変更しています。

2018年の売上は79.4億円、営業利益3.0億円

2018年には売上が過去最高の79.4億円に到達しました。また営業利益についても3億円でこれも過去最高となりました。この成長の裏側には2015年におこなった先行投資が関与しているようです。急成長を遂げるファーマフーズはどんな事業をおこなっているのでしょうか。


ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・通信販売の売上が〇〇億円
・通信販売の定期顧客は〇〇人。○年で〇〇倍に
・売上急増の鍵は〇〇費にあった
・2019年の売上は〇〇億円を突破する見込み

この続きを見るには
(1510文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上成長率50倍超!「北の達人コーポレーション」2019年2月期 決算速報

売上成長率50倍超!「北の達人コーポレーション」2019年2月期 決算速報

ニッチ市場で戦うマーケティング集団「北の達人コーポレーション」(証券コード : 2930)が2018年度本決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード