中食外食産業の影の主役 ファミマや王将の味を支える「アリアケジャパン」

中食外食産業の影の主役 ファミマや王将の味を支える「アリアケジャパン」

2019年04月03日 20:00

「アリアケジャパン(証券番号:2815)」は、セブンイレブンやファミマ、餃子の王将など大手コンビニ・外食チェーンを支える会社で、「食のインテル」とまで呼ばれています。

畜産系天然調味料の販売を行う「アリアケジャパン」1966年に岡田甲子氏によって設立され、1985年にカリフォルニア州に初の海外拠点を開設。その後海外進出を積極化しました。現在は「畜産系天然調味料」の販売を中心に行なっています。鶏ガラスープやブイヨンなどですね。

業界屈指の利益率20.8%

アリアケジャパンの売上はここ5年上昇しており、2018年の売上は543.5億円(前年比:+11.3%)となりました。

2018年の売上は543億円(+11%)営業利益は113.3億円と10%増益を達成しています。 アリアケジャパンの営業利益率の高さを天然調味料業界の他の2社と比較してみます。 

天然調味料業界で屈指の営業利益率を誇る(20.8%)他の天然調味料の会社としては佐藤食品工業や理研ビタミンなどがあげられます。アリアケジャパンの営業利益率は20.8%となっており、この2社より高い水準となっています。 

アリアケジャパンが業界屈指の営業利益率を出せている理由は何なのでしょうか?

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。

・◯◯を数値化する高い製品開発力で多くの企業が取引先に
・◯◯によって原価を抑えて営業利益率UP
・現預金の割合が4年で◯◯倍に
・株価急落の背景は◯◯の売却

この続きを見るには
(1559文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
国内 アリアケジャパン
1se9lwhwowwubjfpdoafew

過去最高の売上高816億円を達成した「王将フードサービス」2019年3月期本決算

2019年05月21日 07:30

「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」(証券コード:9936)の2019年3月期本決算を発表しました。

N1kltksp6dcye lcqf8vcg

3社合わせて売上10兆円!「セブン」「ファミマ」「ローソン」のコンビニチェーン大手3社を徹底比較

2019年02月17日 12:00

今回のエントリでは、コンビニチェーン大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3社について、公開されている数値に基づき徹底比較していきます。

6f0tty9swo1rzyktvbsk0w

13%増収で通期売上700億ドル突破!一方で中国減速に「赤信号」を灯した「インテル」2018年決算

2019年01月25日 12:00

CPU業界の巨人「インテル」(ティッカーシンボル:INTC)が2018年通期決算を発表したのでまとめていきます。

Krxfx1q2at5lv08mfwq8tg

創業6年でチェーン売上1,000億円を突破!日本を支えるコンビニ『セブンイレブン』創業の軌跡(前編)

2018年10月06日 12:00

今回のエントリでは、もはや多くの日本人にとって無くてはならない存在となった「セブンイレブン」創業の歴史についてまとめてみたいと思います。

 p0x8dyprwqlpl2q3acskw

スポーツ用自転車部品で世界シェア85%!ヨーロッパとアジアで売上を伸ばす日本発のグローバル企業「シマノ」

2018年02月11日 09:53

今回は、自動車部品メーカーの「シマノ」についてまとめます。