出前館が伸びるもストップ安 赤字に転落した「夢の街創造委員会」2019年2Q決算

出前館が伸びるもストップ安 赤字に転落した「夢の街創造委員会」2019年2Q決算

今回は夢の街創造委員会(JASDAQ:2484)の2019年8月期 第2四半期決算について見ていきたいと思います。

「夢の街創造委員会」2019年8月期2Q累計売上は31.2億円

売上の推移を見ていくと2018年2Qの売上は25.7億円だったのに対し、2019年2Qの売上は31.2億円と前年に比べて21%ほど売上が成長しています。

売上は成長している一方、前年は3.4億円ほどあった営業利益が、2019年1Qには-4,016万円となっています。

決算発表を受けて株価が20%下落(ストップ安)

今決算発表を受けて夢の街創造委員会の株価は20%ほど下落してしまいました。

それでは夢の街創造委員会が赤字に転落してしまった要因とは一体なんだったのでしょうか。

ここから先は、有料コンテンツになります。ご購読いただくと、以下のような内容をご覧いただくことができます。  

・〇〇事業が赤字に転落
・赤字の要因は拠点数が〇〇ヶ所に拡大したことによるもの
・待ち時間が〇〇分を超えると受注率が急低下
・売上を76.8億円から〇〇億円に下方修正

この続きを見るには
(1201文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード